『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。

オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます。


 tender-sofa 3P

後ろ姿も美しいですね。旅する木の家具の特徴です。

この布は麻100パーセント。お客様のこだわり。

旅する木の家具の特徴の仕口

アームは、弓の様な美しい曲線。

旅する木が製作した証

樹種   :写真のものは、ナラの3P(他の樹種でも製作致します)
サイズ  :3Pのサイズ W 2100×D800×H750
      2Pのサイズ W 1500×D800×H750
      1Pのサイズ W 900×D800×H750
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :3P 本革   430,000円(税別)
      3P 合皮/布 330,000円(税別)
      2P 本革   340,000円(税別)
      2P 合皮/布 260,000円(税別)
      1P 本革   240,000円(税別)
      1P 合皮・布 180,000円(税別)


tender-sofa

レラソファのサイドがオープンのソファ。
サイドをオープンにすることにより、爽やかな優しさを感じられます。
確かな技術に裏打ちされた、品格と、美しい和が感じられるソファです。
後ろ姿もとても美しい仕上がりになっています。
見た目の美しさだけでなく、座面の角度、背もたれの微妙なカーブが、絶妙で、座り心地もとても良いです。
座面と、背もたれは、固め、柔らかめなど、自由に選ぶ事が出来ます。

写真のものは3Pで、一人分の幅を60センチとってあるので、ゆったりとくつろぐ事が出来ます。
2P、1Pや、他の樹種での製作致します。


[tender-sofa 3P]はこうして生まれました。

ソファを探しているというお客様で、ショールームやカフェのソファを案内すると、
「先生(Nさん)」と呼ばれている方が何やら怪しげな、直径2センチくらいの丸くて白い石のような
ものを取り出して、ソファの上でぶら下げてる。
そして、「すごい。右回転だ!」などと意味不明な会話をしているのです。
僕が「右回転とかって何ですか?」っと聞くと、
「これはフーチングと言って、波動を感知するもので、波動が低いもの時には左回転、
普通のものには前後運動、そして高い波動を感知すると右回転するんだ。」っとのこと。

そして僕の足を見て、「左足が調子よくないねぇ。」と言ってさっきの丸いボールを左足の上で
ぶら下げると、クルクルと左回転。
そうなんです。僕は学生時代サッカーをやっていた時、左足の股関節を痛めて以来、
いまだに引きずっていて、疲れがたまると左足が上がらなくなるんです。
「椅子に座って。治すから。」と言って腰の辺りをさすったり、軽?くひねったり、ものの
2、3分もしないうちに、「これで良くなったはず。」
仕事にちょっと疲れていた左足が確かに軽くなって、上がるようになりました。

そんな不思議な出会いから、フーチングの治療院のソファの製作を依頼されました。
そのよう一風変わった(?)Nさんは、自然素材にこだわり、生地も麻100パーセントのものを
支給で製作することになりました。

僕は、波動とか、見えない世界にすごく興味はあるのですが、残念ながら自分は感じられないので、
自分が作ったソファが果たして右回転(高い波動)するのかどうか、不安だったのですが、
納品の時、「大丈夫。すごく良いですよ〜。」とおっしゃってもらい、安心しました。

そして納品後、僕ら夫婦でNさんにフーチングにより体を診てもらいました。さっきまでの疲れや、
長年の肩こりがなくなり、姿勢が良くなり、今すぐに工房へ帰って仕事したい気持ちになりました。
フーチングにはまりそうです。

お仕事と通して、このような不思議な世界と出会い、人間としての心の幅が広がったような気がします。
Nさん、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com