『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
旅もっくんが今日も行く 〜今日の旅する木〜

僕の名 前は”たび木”。”たびもっくん”って呼んでね。スーさん(須田さん)の
娘さんが僕を描いてくれたんだ。
スーさん目線で今日の旅する木の様子なんかを紹介するからね。
私の名 前は”たびリン”。”たびもっくん”の友達よ。
スーさんの奥さんのあっこさんの目線で紹介しますね〜。よろしく〜♪
”たび お”です。
スタッフの山口君に成り代わりまして、僕が今日の旅する木を説明します。
木工のことなら何でも僕に聞いて下さいませ。
自分、関西人…もとい、関西木です。でも、だれも気付いてくれません…。

3/7

スーさんの車椅子5号機の製作、いよいよ本体の加工に突入!まずは墨付け、正確な加工は正確な墨付けから。

キッチンの図面とにらめっこの花輪くん。どの位置にフラッシュ構造の芯材となる材料を入れるか、じっくり検討中だね。

フラッシュの芯材が組み上がったら今度は、チェリーの材料とにらめっこ。どの材料をどこに使うかで、作品のできが変わってくるから気が抜けないね。

岩崎くんは黙々と乳歯入れの仕上げ。先は長い。一つずつ丁寧に、気持ちを込めて仕上げて行きます。

こちらもまたまた長〜いサイドボード。扉と引き出しを仕込んで、調整中です。

2/28

引き出しを担当している岩崎くん。加工が終わって、ダボを入れているよ。それにしても沢山だね。

引き出しが終われば、すぐさま塗装に。みんなが製作した家具の殆どを岩崎くんが塗装してくれています。ありがとう。

花輪くんは天板の木取りに入ったよ〜.。ウォールナットの立派な材。切るのがもったいない…でも素敵な家具にするから、安心して切られてね〜

こちらは製材が終わったナラ材。木目、色目を見ながら接ぎ合せの順番を決めていくんだよ。作品の表情を決める大切な工程です。

長〜いサイドボードの組み立て中の山口くん。一番長いクランプを使っての作業は、こっちと向こうを行ったり来たり、大忙し。

2/24

あれ?あれ?スーさんは、何だか変わったモノを作っているよ〜何になるんだろう?

木部の完成した、レラソファーの最終調整の花輪くん。後はクッション部分が張り上がれば完成。

ずらりと並んだ卵型の物体は…
乳歯入れだよ〜出産祝いに大人気で、今回はこんなに沢山製作する事に。

TVボードの扉にカンナをかけているよ。小さな扉でも、ひとつずつ丁寧に仕上げて行くよ〜

スーさん何を製作していたかと言うと…
車椅子!
ついに5号機の製作に入りました!楽しみ〜

2/9

これから天板の仕上げに入る花輪くん。まずは、刃物の研ぎから。冬の刃物の研ぎは、本当に厳しい!なぜなら…

氷っているから!
研ぎ場は完全に氷ついています!ほとんど外。そんな中、手を真っ赤にして丁寧に研ぎ上げていきます。
寒い!っていうか痛い!

地獄の研ぎ場から帰還した花輪くん。早速、天板の仕上げに!冷えた身体を、かんながけで暖めます。

側面のかんながけ。こちらは先程よりも更に大きなキッチン天板。凄い迫力だね〜

最高に切れる状態の刃物とその日のコンディションに合わせて調整されたかんな台、全てがうまくいくと、こんなにも綺麗なかんな屑が!もう屑とは言えないレベル!
花輪くん凄い!

2/6

今月結婚するカップルが、ご両親にプレゼントするお箸作りに来てくれたよ〜。優しいね。旅する木はこんなオーダーも叶えるんだよ。

年季の入ったカンナの向こうで花輪君は黙々と天坂のカンナ掛け。大きい天板なので、天坂に乗っかって、黙々とカンナを掛けているよ。年季の入ったカンナ。

玄翁(げんのう)の向こうでは山口君はTVボードの製作中。家具職人は”とんかち”とは言わず、”玄翁”って言うんだ。「とんかち取って〜」なんて言ったら、玄翁で叩かれちゃう…。

工房の廊下は、日が当たらないので、外より寒い〜。水道は日中でも凍っちゃう。だから日中はチョロチョロ出してるんだよ。もったいないけどね〜。しょうがない。

この前、大阪にお住まいのお客様にビーンズテーブルをお届けしたら、なんとこんな嬉し贈り物が届きました〜♪美味し〜い。ありがとうございま〜す!!

2/1

でっかいベッド完成〜♪縦横2メートルを越えてるよ。どんなに寝相の悪い人でもこれだったら大丈夫!

大量の材料!久々に良い状態の木材が上がったとの材料屋さんからの連絡。スーさん!なんと全部買っちゃいました〜!勢いで買ったけど、請求書が怖〜い…。。

分厚くて長いので、運び込むのも大変。スタッフ総出で、ひたすら搬入。長さは3メートル以上もあるんだよ。

2時間掛けてようやく完了!でも、あれ〜なんだか傾いているね。もうみんなヘトヘト。床が抜けないか心配。

というわけで、今回良い状態の厚版チェリー材が入りました。この中から、選らばれた精鋭達がテーブルやキッチンの天板になっていきます。テーブルやキッチンをお考えの方、チャンスですよ〜!!

12/20

キッチンの製作もいよいよ大詰め!仮組みした本体に口板、扉を取り付けて、全体の収まりを確認しているよ〜

全ての確認が終わって塗装に入ったよ〜。こちらは2人がかり。塗装の良し悪しでも、製品の出来が左右されてしまうんだって〜。最後まで気が抜けないね〜

花輪くんはレラテーブルの脚部の加工。今回は変形レラ。テーブルの下に引き出しが付く特別使用だって〜

伝統的な仕口を使った、レラテーブルの脚。こちらは、3枚組継ぎの加工が終わったところ。これから仕上げをして、組み立てて行くよ〜

スーさんは毎日座ってデザインを起こしたり、設計作業をしていて、腰が痛くなっちゃったので、最近はカフェのキッチンで立ってやってるんだよ〜。

12/6

花輪くんは長い板材に、何個も穴あけ…。一体何になるんだろ?隙間風が吹く窓際での作業は寒〜い!

引き出しのが組み上がったら、本体への取り付け。岩崎くんはストーブ近くの一等地にてぬくぬく作業中。

先日、製作していた扉も完成!こちらも本体に取り付け。キッチンがどんどん形になってきました!

今週は、木工を志す若者が、お手伝いに来てくれているよ。妥協を許さない旅する木の仕事に、緊張しながらも、しっかりやってくれています。ありがとう!

うって変って、休み時間はみんなで和気あいあい。やるときゃやる!休むときはしっかり休む!正確、丁寧な仕事はメリハリのが大切です!

11/30

ご無沙汰しておりました。旅もっくん再開です!

当別町東裏はすっかり雪景色札幌から少ししか離れていないのに、風景はずいぶん違うね〜

車椅子試作4号機に乗って、新作家具のデザイン中のスーさん。打ち合わせ〜デザイン〜図面作成〜打ち合わせ〜繰り返すお客様とのやり取り…早く製作に入りた〜い(涙)

極寒の工房では、キッチンの製作が進んでいるよ〜岩崎くんは沢山の引き出しを作っているね。

こちらは、扉の加工。旅する木のキッチンは木目がず〜っと繋がる様に、のこ目も計算して加工しているんだって〜

花輪くんはテーブルの脚の材料を木取り中。旅木スタッフは寒さに負けず頑張っていま〜す。

10/10

秋になり旅木の畑もそろそろ終盤!収穫が終わった部分を、来年に向けておこしておくんだよ。今年は始めてだったけど、豊作だったなぁ。

岩崎君は乳歯入れの加工に入ったよ。オーダーで製作する旅する木、唯一、乳歯入れだけ、在庫を持ってるんたって。今回も100個以上。頑張って。

工房の裏の校庭もすっかり秋模様・・・コオロギが鳴いております・・・芸術の秋ですね!!

アームチェアー501の加工をしている山口君。501チェアーは旅する木のスタンダードの椅子。”501”スタンダード。そう言う意味だったのか〜。解りますか〜?

天が呼ぶ!地が呼ぶ!人が呼ぶ!・・お好み焼きを作れと僕を呼ぶ!笑 大阪出身の山口君が張り切って作っています。もちろん、畑で採れたきキャベツを使って。美味しかったよ〜♪

10/4

3人目のお子さんのwood start chairを製作に来てくれたTさん一家。パパ、ママは3脚目の製作とあって、ちょいとこなれた感じで、和気あいあいと製作は進んでおりま〜す。

パパの頑張る背中を見守る、子供達。「パパ〜頑張れ〜!」大きな背中だね〜。君たちの椅子もこうやって、パパ、ママが君たちの為だけに、ありったけの愛情を込めて作ってくれたものなんだよ〜

今回は、パパママだけではなく、お姉ちゃんもお手伝い。数年前はママに抱っこされていた赤ちゃんだったのにね〜。大きくなって、お姉ちゃんになっての再会に、スーさん、山口くんも感激。

塗装は、一家総出で。もちろん旅する木の亜麻仁油は世界一安全なオイル。子供達にも、安心して手伝ってもらえます!お兄ちゃんは両手に刷毛を持ってやる気まんまん!

お姉ちゃん、お兄ちゃんの椅子も、成長に応じて、高さを調整、塗装。兄弟3人目の高さの違うそれぞれの椅子とTさん一家。子供達の成長にパパママが作った椅子が寄り添えるなんて、とても素敵な事ですね〜。Tさん、ありがとうございま〜す!

9/27

あら?スーさんが鼻歌歌いながら料理中!!旅する木の畑で採れたばっかりのゴーヤでゴーヤチャンプルを作ってるんだって。スタッフみんなで、いっただっきま〜す!

花輪くんが天板の上で何かをしております。え?えぇ?天板を切っているーッ!失敗したわけではありませんよ!笑 実はここにシンクが入るんですよぉ!

おぉ〜!こちらはキッチンでございます!先ほどの大きい天板が乗るんだよ。こんなに大きなキッチン・・・見たことな〜い。すご過ぎる!!

先日納めたキッチン作業台。「この日を待ってった」って、めちゃくちゃ喜んでくれた、元3年1組の奥様〜(笑)ありがとう〜♪

キッチンの出来栄えを入念にチェック!!スーさんの技術が、スタッフに着々と受け継がれて、完成度の高い職人集団になっていくんだね〜。

9/20

スーさんは毎日完成したばかりの車椅子に乗って、いろいろと検証しているよ。いよいよ完成形の試作5号機に向けて、洗い出し。

と思いきや、ここは横浜のお客様のマンション。スーさん、月に2回は本州に行って打ち合わせや取り付け。大変だけど頑張れ〜!

毎朝お祈りしている神棚の下に、日めくりカレンダー。小心に響く言葉が書いてあるんだよ〜。

旅する木のテーブルは、全てのお客様がビックリするくらいツルツル。それは…
今の家具作りでは珍しく、手カンナで仕上げているから。

ジャジャーン!どうです?立派でしょ〜笑 これはキッチンになるんですよ!山口くんは真剣に引き出しの動きの点検をしているよ!!

9/6

クネクネの正体・・・分かりました?実はベンチなんですよぉ!!家にあったら楽しそうでしょ〜。

おっ!車椅子試作4号機の完成が近づいております! 一つ一つ確認しながらスーさんは組み立てていますよ!

座面を設置したら、いよいよ完成〜。でも喜んでいられない。細かい仕様が修正されていて、これから検証が始まるんだよ。

さぁ!山口君病室に戻りましょうねぇ・・・No!No!ただ今完成した車椅子の試乗会中なんですよぉ!山口君、楽しそう!

この箱の山はいったい・・・これはいずれ引き出しになる部分なんですよ!たくさんあるでしょ!

9/3

夏ももうすぐ終わりですね!旅木の夏は収穫祭!!みんな〜何とってるの〜?

大きいなぁ・・・こんなに大きなテーブルを見たことがありますかぁ??笑 大人2〜3人眠れそうです!!

おっと!ジャガイモを収穫している山口くん!ジャガイモアンテナ作動!!ピッピッピピーン発見1つ、2つ・・・ん〜200ぐらいかな!

あら?なんだかクネクネ曲がっていますね〜!いったい何になるのかなぁ・・・教えてぇ〜!!!

面舵いっぱ〜い!いえいえ車椅子の車輪ですよ!笑 楽しみながら車椅子の製作に取り組んでいるよ!ちなみに右が面舵、左が取舵っていうんですよ!

7/25

元東裏小学校の水飲み場!今は旅木ファミリーが使っているよ。小学生の身長に合わせているので、低いんだよ〜。カンナの刃を研ぐ時、腰が痛くなる〜。

畑のズッキーニ!このくらい大きくなりましたぁ!もう少しで収穫かな?と思っていたら、2日後には3倍ぐらいになっていました。侮りがたしズッキーニ…..笑

スーさんの車椅子製作も、少しずつだけど進んでいま〜す。特殊な加工のオンパレードなので、加工をする為の道具(治具)作りからのスタート。どうりで時間がかかるわけだ〜

あら?こんにちは!お向かいさんの猫ちゃんです!猫ちゃ〜ん君のお名前は〜?....分からないからタマちゃんにしちゃうぞぉ〜?笑

珍しく、丸ノコで荒木取り中の山口くん。貴重な木材を無駄なく活用する為に、時には大工さんが使用する電動工具も使うんだよ〜

7/18

亜麻祭りで大好評だったドーナッツだよ!皆さん美味しそうに食べてくださってありがとうございました!!篤子さ〜んまた作ってぇ〜〜〜!!笑

工房の入り口にはたび木君が!?デカイッ!!朝来て、君を見たらいつも元気が出るよっ!!

ステージからの工房はこんな感じ!誰もいない夕方の工房。どこか「ハァ〜」と切なくなる時間です。母校でもないのに何故か懐かしい感じがします!

旧東裏小学校の校歌だよ!これを見ながら生徒さんたちは歌っていたのかなぁ!字だけじゃ分からないから誰か歌ってぇ〜

え!?え!?スーさん!道知事に立候補ですか?......んなわけ笑 木の車椅子への思いなどがしっかりと書かれてるよ!スーさん!Nice smile!!

7/12

旅木の畑の住人!!ズッキーニ君….ちゃん?笑 が頑張って成長しているよ!指先にいるんだけど、分かりますかぁ?

新人ですがやるときゃーやるんです!笑 集中〜集中〜…..あ〜旅木の機械を触れるだけで幸せでござる!嬉しさのあまりニヤけてしまってます…..

工房の端にあるステージ!手前に大きい人がいるので小さく見える?いえいえ!大きくてとても立派なのです。 ここに製作途中や出来上がった家具を一時的に置いておくんだよ!

組み立ての時に隙間からはみ出る接着塗料を綺麗に拭き取っています!安心してください!お客様のところに行く時には見事に仕上がってますよ!!!

作業を進めてる岩崎君の様子をじぃ〜っと見つめるスーさん!おぉ〜….見られてると緊張するねぇ……!スーさん…笑ってる!楽しんでるのかーいっ!!笑

7/11

旅木サーカスを始めました!....嘘です!笑 7/10に亜麻祭りがあるので準備をしているんですんねぇ。とっても賑やかになるんですよ!

これ...なんだか分かりますか?チッチッチチーン!正解はソファーです接着塗料をつけて組み立てましたぁ!オーダーしてくださったお客様!もう少しですよ。笑

こちらはデスクたちです!一つとして同じ物はないんですよ。手作りだから….というのもありますが、木も同じものは一つもありませんから…当たり前かぁーっ!!笑

塗装の際に使う刷毛だよ!塗装に使うオイルで使い分けているんだ!塗装がない時はお休み中…..

鉋で天板を仕上げるスーさん!鉋を使っている時に聞こえるシャーシャーという音がどこか爽快感!!木屑はペラッペラですよ!ペラッペラ!笑

7/8

旅木工房の外になんだか立派な物を発見!!元東裏小学校の生徒さんたちはとても懐かしいにではないでしょうか!

工房の休憩時間などでちょこっと農作業??新人のあかねが野菜たちのために頑張ってます!!笑

工房の隅にこんなものが?「はい….そうですね!」と思わせてくれる言葉がたくさん書いてます。この言葉…なんだかグサッときました!笑

じ〜っと家具を見つめる岩崎君!家具が歪んでいないかなどを入念に確認するんだよ!

懐かしいのもを無駄にしないで活用!!跳び箱はダンボール入れに!!大きさがなかなか丁度いい感じだったので使わせていただいてます!笑

7/7

家具工房旅する木の隠れメンバー?その名も二宮金次郎さん!最近はタブレットを待った金次郎さんもいるそうですが、こちらの金次郎さんはノーマルです。笑

バスケのゴールが入りますように!いえいえ!そんなことを思っている訳ではありませんよ!バスケットゴールの横に神棚があるのです!旅木はこれで始まり、これで終わるのです。

木材に穴を開ける作業をしています!木材通しをしっかり組み合わせるためにより正確にを毎日心掛けています。

お客様に素敵な家具を作れるように、今日もスーさんはパソコンとにらめっこ!真剣だから一人でも寂しくな〜い!笑

天気の良い日は外で休憩することも…外の景色を見ながら「ふ〜」と一息。岩崎くん!ありんこでもいましたか?笑

7/4

旅する木の正面玄関!この時計止まってるんです。何故動かさないの?と思うでしょう。家具工房旅する木は毎日時を重ねていますが、東裏小学校の思い出の時間はそのままに!

作業を進める前に道具をしっかり準備!準備の仕方次第で作業の時間が大幅に変わるんだよ!テキパキと早くそして丁寧に。

旅木の昼食時間!いつも楽しい話で大盛り上がり!!リフレッシュして午後からまた頑張ろ〜!

旅木の冬を支えてくれてた薪ストーブ!ただいまお休み中…おや?これは誰の足?スーさんとスーさんとスーさん??笑

木材をしっかり押さえてミリ単位で調整していくんだよ!細けぇ〜って思うでしょ?これが普通なんですよ皆さん!Oh!Unbelievable!!

7/2

旅する木で大葉を植えてみました。早く芽を出せお〜お〜ば〜!出ないと種をほじくるぞぉ!

こんな大きい機械で木を切り、家具を作っていくんだよ!機械のみんなも一生懸命働いてくれてます。毎日感謝感謝です。ありがトゥース!

工房の周りも少しずつ夏の足音が...カタツムリと青虫です!スーさん2匹を戦わせちゃダメですよ!笑

「ん〜」真剣な空気。どう木を使えばより素敵な家具が出来るかを考えています!木材が一つ違うだけで、また違う表情を見せてくれます。He is serious!

作業の間にちょっと一息!「あ!飛行機雲!」空に〜憧れて〜空を〜かけて行く〜あの子の〜命は〜……もういいって言わないでぇ。

6/30

みんなで協力して製作していた椅子も無事完成して、各々新しい家具の製作に入ったみたいだね〜。花輪くんは、あられ組み接ぎの加工中。長〜い!

スーさんは、大きな耳付きテーブルの製作。木の荒々しさを残しつつ、触っても痛くないように耳(木の皮)の部分を仕上げていってるよ。こういう仕事はスーさんの最も得意とするところ。素晴らしい仕上がりになっています!

あかねは出来上がった仏壇の塗装。大きな仏壇だね〜

岩崎くんは、仏壇に入る位牌の製作。お客様の想いを知って、いつも以上に真剣に取り組んでいるみたい。旅する木では、打ち合わせの時に伺ったお客様の想いをスーさんがスタッフにきちんと届けてから製作に入ってるんだって。

今日は、以前家具を納めさせてもらったお客様が、木工教室に来てくれたよ〜!娘さんにプレゼントするんだって〜

6/18

501の製作も順調に進んでいま〜す!緻密な加工の積み重ねが、ようやく形になる喜ばしい瞬間。寸法、角度をきちんと確認しながらの組み立て。

アームと前脚の接合部は、501の最も美しい部分。ここは1脚ずつ手加工で削り出されています。スーさんのお手本を真剣に見つめる岩崎くん。

花輪くん、岩崎くん、仕上げるペースは違えども、お客様に素晴らしい家具を届けたいという気持ちは、みんな一緒。二人とも、真剣そのもの。

501の顔になる背板の仕上げはあかねが担当。501チェアーは、旅木ファミリーみんなの想いが込もった作品になっています。

休憩時間の一コマ。山口くん実家帰りのお土産「赤福」作業中の張り詰めた緊張をほぐすには、やっぱり甘いもの!みんなで美味しく頂きました〜。

6/4

スーさん!打ち合わせ、デザインの仕事の合間をぬって、車椅子4号機の試作に取り掛かったよ〜。まずは、型作りから。

花輪くんは、501チェアーの製作に!501は手加工でしか、できない工程が盛り沢山。花輪くん!腕の見せどころですよ〜

仏壇の製作に入った山口くん。仏壇は他の家具に比べて、ご注文下さったお客様の想いが強いもの。その想いに応えるべく、厳かな心持ちで、丁寧に製作を進めさせて頂いています。

岩崎くんは、椅子の座面の製作。だいぶ、機械の扱いにも慣れてきたみたいだね〜

加工で悩む岩崎くん。遠くから優しく見守る、ノンノ。ホッとする瞬間。

5/20

もう一人の期待の新人!これからの旅する木を担う、もう一人のキーパーソン!その名もあかね!新しい旅木ファミリーの一員です。皆さまどうぞよろしくお願いしま〜す?

映画の撮影から帰って来た車椅子たち。ハードな撮影現場から無事に帰還しました〜。労をねぎらいながら、綺麗にしてもらっているね。映画公開は来年だってさ〜楽しみ?

スーさんは天板の材料を吟味中。沢山ある材料を一枚一枚チェックして、最高の組み合わせを選んでいくんだよ〜単純だけど、全ての工程の中で最も重要で難しい場面なんだって。この工程を大切にしているから、旅する木の家具達は、どれも素晴らしいものになっていくんだね〜。

「この人が機械の前に立つと、何故か機械が小さく見えるんです…」山口くんはこう言いましたとさ。岩崎くん絶賛急成長中で〜す。(身長じゃなくて技術が…)

今日は、当別小学校の児童達が遠足にやってきましたよ〜?グランドのタンポポも咲き始めました〜。これからグランドはタンポポの絨毯に覆われます!一見の価値アリ!旅する木にみんなで遊びに来てね〜。

5/16

ポカポカ陽気に誘われて、今日はみんなで冬の雪養生を撤去。高いところが苦手なスーさんも梯子に登って恐る恐る作業中。

3年間、雪から窓ガラスを守ってくれた、板材ももう限界。細かく切れば、冬場の薪に早変わり。ご苦労様、ありがとう。

家具の製作も順調に進んでいますよ〜この春からの、新体制になって、作業効率も格段にアップ!キーパーソンは、この大きな人!(と実はもう一人…)

見て見て!この綺麗な木材!現在テーブル用のチェリー材は、とんでもない極上品を手に入れる事が出来ました!極上材には、限りがあります。チェリー材でテーブルをお考えの方は今がチャンス!お早めに〜

最近大型家具続きの山口くんはまたまた大物。2m以上もある、サイドボードだって〜

5/3

長野出張から帰って来たスーさんは、休む暇もなく、次の現場へ。キッチンの取り付けに来たよ〜

工房でパーツごとに製作したものを、現場にて合体!建物に絡む取り付けは、色々と厄介な問題が起こるので、その場その場においての対応力が必要なのだ〜

その点スーさんは建築士の資格も持っているから安心。家具、建築の知識と経験を活かして難なくキッチンを取り付けていくよ〜

工房に居残りの花輪くん。小さな鉋で部材同士の僅かな段差を平らにしているよ。用途に合わせて、色々な鉋を使い分けているんだって。

もう一人居残りの山口くん。こちらは大きな鉋で、チェストの天板を仕上げているよ〜

4/12

スーさんはスタッフが製作した家具の最終チェック。品質維持のため、厳しい目でチェックしているよ。

厳しいチェックを通った家具を段ボールに梱包するんだ。廊下にずら〜っと並んだ段ボールに梱包された家具たち。旅する木、引っ越し。
ウソウソ(笑)。

引っ越し便でコンテナ2個分の家具が積み込まれているよ。本州のお客様の家具。今週、スーさんは長野にこの家具の取り付けに出張するんだって。

花輪君は何やら手加工中。ここは見えなくなるところなんだけど、そう言うところも手を抜かず、キッチリ加工しているよ。

岩崎君は引き出しの組み立てに。まだまだ、作業の手はゆっくりですが、きちんとした丁寧な仕事をしてくれます

3/30

501ウッドの座面を曲面かんなで、お尻の形に削り込んでいるんだよ。削っては、座って確認。この繰り返しが、心地よい座り心地を生むんだね〜

まる1日掛けて、座面を仕上げた翌日です。お次は、ビーンズテーブルに取り掛かった花輪くん。

こちらは、期待の大型新人、岩崎くん!新しく旅木ファミリーの仲間入りしました〜皆さまよろしくお願いします!

新人はまずは塗装から!と言っても、学生の頃から手伝いにきていた岩崎くんは、塗装はもうお手の物。みんな安心してお願いしています。

最近出番の少ない山口くん。安心して下さい!ちゃんと頑張ってますよ!テンダーソファーも順調に進んでいます

3/10

天板の仕上げが終わった花輪くん。またまた、テーブル天板の接ぎ合わせ。この山を一枚一枚チェックして材料を選んでいきます。

一番下に極上の材料発見!なんとこの材料には、極上品の証明と言わんばかりの…

スマイルマークが!今回のチェリーは北米産。おそらくごっついカナダ人が、極上材に記しをつけたんだろうね〜なんだかほっこりの、ひと時でした〜

ガゼルチェアーは組み立てが終わっても、まだまだ完成じゃないのさ。機械では出来ない端部の仕上げは、一脚づつ手加工で丁寧に仕上げて行くよ。

そうやってようやく加工、仕上げが終わり〜残るは、世界一安全な旅する木のオリジナルオイルを塗装して完成!

3/2

ガゼルチェアーも組み立てに入ったよ〜完成間近!頑張れ〜山口くん!

天板のかんな仕上げに入った花輪くん。つるつる、ピカピカの仕上がり!美し〜い!

暇を持て余したノンノ。花輪くんに遊んでの猛アピール!

週末はスーさんの自宅で、旅木劇団の稽古。稽古を見守るスーさん。いつになく真剣な眼差しで子供達を見守っています。

子供達もみんな真剣。君たち本当に高校生か?って言うくらいみんなしっかりしていて、それぞれが、本気で熱い想いをぶつけていたよ。

2/25

山口くんのガゼルチェアーの加工も順調に進んでいるよ〜。これは四角いほぞ穴を掘る機械。山口くんより年上の機械なんだけど、まだまだ現役バリバリ!負けてられません!

そんなベテランの機械を使って、どんどん加工は進んで行くよ〜大方の部材が揃って、加工も大詰め。

レラテーブルの方は、組み立てが始まったよ〜大きなテーブルも一人で手際良く組み立てていってま〜す。さすがです。花輪くん!

かんなを使って、部材同士のわずかな段差を平らにしていっているよ〜。旅する木の家具作りは細やかな部分もきちんと手をかけて仕上げます!

NHKの車椅子取材が入ることになり、スーさんは試作の3台を改めて調整。木の車椅子&すーさんが3/1のおはよう北海道で流れるんだってさ〜楽しみ〜

2/16

レラテーブルの加工は進んでるよ〜欠き込みを入れて…

今回は、変形の角度のついたレラもあるので、そういう時は、こまめに仮組みをして、確認しながら進めているよ。うん。いいみたい。

最終的には、ノミを使っての手加工。慎重に一組づつ合わせこんでいきます。花輪さん、見せ場ですよ〜

スーさんは打ち合わせした家具のデザイン、設計に追われてる〜。「PC仕事ばっかじゃなく、作りたいよ〜」って嘆いてるよ〜。

一方、山口くんはガゼルチェアーの製作に入ったよ。後脚の切り出し加工中。

2/10

天板のはぎ合わせが完了した花輪くん。次はレラテーブルの脚の製作だよ〜手前に並んでいるのが全て脚の材料。いったい何台作る気なの〜?

山積みの材料を、一本ずつ製材。一本でも何十本でもやる事は同じ。想いを込めて、丁寧に製作していきます。

製材が終われば、やっと加工。旅する木ではお馴染みの組つぎの加工。ここは1セットごとに0、1ミリ単位で合わせこんでいく繊細かつ緻密な加工工程。花輪くんも真剣。

山口くんはキッチン収納の扉、口板で使用する突き板と格闘中。どこをどう使うかで、作品の良し悪しが決まってしまうんだって〜山口くんも真剣。

助っ人岩崎くんは、完成したTVボードの塗装。組み上げて完成したものを、パーツに分けてそれぞれ塗装中。

2/5

テーブル天板の製材も順調に進んでいるね。長い材料の製材は一人では大変。助っ人に手伝って貰って2人での作業。

製材が完了すれば、材料どうしの接着面の加工。この機械に材料を通すと…

こんな感じの凸凹が!これは指を絡めるようにして、材料どうしを密着させるフィンガージョイントっていう最強のはぎ合わせ方法なんだって〜

強い接着力の特殊な接着剤を使って、材料どうしを接着。クランプでしっかり密着させれば、天板のはぎ合わせ完了!

猫の手じゃなくて犬の手も借りたいぐらい大忙しの旅する木。そんな事おかまいなしのノンノは特等席にてのんびりお昼寝。

1/29

今日は花輪くんに密着!テーブルの天板の材料を製材中。まずは、表面を削ります。長いからとても大変そうだね〜

削ったところで、色味の確認。木には個性があって、一枚一枚微妙に色味が違っているんだよ。う〜ん…花輪くん真剣。この中から、色味の近いものだけを選んで使うんだって〜

使う材料が決まれば、材料の側面を真っ直ぐになるように削って基準を作っていくんだね。

その基準を定規に木の表皮と白太部分(外側の白い部分)を落としていってるよ。本当に綺麗な部分だけを使って、テーブルの天板を作っていくんだね。

ここまでやってようやく、本格的な製材に入っていけるんだよ〜

次回に続く…

1/21

花輪くん2016年かんな始め。うっとり見とれてしまう程の素晴らしい仕上がりです。

木端面(材料の側面)も丁寧に仕上げています。

これからは新春テーブル祭り。花輪くん、とにかく沢山のテーブルを作ります。重い材料、運ぶだけでも一苦労。

長い材料、切るのも一苦労。

山口くんはTVボードの組み立て。なんだか随分長いね〜。

1/15

スーさん、花輪くんは天板の接ぎ合わせ。木目、色目を見ながら並べていっているよ。

並びが決まれば、接ぎ合わせの作業。超強力な接着剤を使うので、作業は二人がかりで、手早くやっていくよ。ベテラン二人、あっという間に完了!

山口くんは、テレビボードの製作。フラッシュパネルに一枚一枚無垢材を貼り付ける手間の掛かる作業。

加工はどんどん進みます。この季節、工房には夕方西日が射し込んで、少しの間幻想的な感じになるんだよ〜

蒔きストーブ横の特等席で、ノンノは爆睡中。

12/28

雪が積もってしまうと、トラックが入ってこれなくなるので…材料、ひと冬分買っちゃいました!スーさん、ぼそりと「請求書が怖い…」

工房の隅に山積み。材料達はここで少しの間、寝かせられています。その後、順番に素敵な家具に産まれ変わっていくんだよ〜

何やら沢山の部材が…山口くんはトレイを製作中。このトレイは車椅子の製作に、クラウドファンディングで支援してくれた方への贈り物何だって〜

旅する木では車椅子、大きな家具から、小さなクラフトまで、ひとつずつ丁寧に想いを込めて仕上げています。

花輪くんが手掛けている、大きな変形チェストもいよいよ組み立て!頑張れ〜

12/17

建具の完成した山口くんは、同じお客様の窓サッシの製作に。ノミを使って、端部を丁寧に手加工していってるよ。旅する木の作品は端部まで、きっちり加工、仕上げが施されているから、凛として美しいんだね〜

仕上がった建具は助っ人の岩崎君にバトンタッチ。旅する木開発のオリジナル塗料でしっかり、(しっとり?)塗装中です。

花輪くんは新たな家具に取り掛かったよ。今までに無い、ちょっと変わった家具になりそうな予感…楽しみだね〜

英国紳士が旅する木を視察に。彼はリバプールの家具職人でデザイナーなのだ!遠く外国から、わざわざスーさんに逢いに来るなんて…スーさんモテモテですね〜。

スーさん。来客が多数訪れる中、少しずつ501の製作も進めているよ。

12/15

今日はノンノの出勤日。みんな真面目にやっているか?サボってないか?ステージ上の特等席から監視中です。

ノンノに見張られ、サボれない山口くん。建具の加工が進む進む。まずは、カンナをかけて〜

お次は、引き戸の手掛けの加工。10枚程もある、大きなドアーの加工を凄い勢いで、どんどん終えていってるよ

更には、こんな加工まで!大胆!且つ正確、精密に!今日の1日で殆どの加工を終わらせた山口くん。やればできるじゃ〜ん!

ウイングソファーも完成して花輪くんは最後のチェック!うん!良い仕上がりだ!ノンノさ〜ん、みんなサボらず真面目にやっていますよ〜

12/8

建具に入った山口くん、大き過ぎて一人では、持てないので急遽助っ人要請。助っ人の葉子さんと大きな建具の芯材に糊付け中。

接着剤が乾くのを待っている時間も無駄には過ごしません!建具の框部材を木取り中。さすがに大きなドアーの部材、長〜い!

助っ人葉子さんは、空いた時間は501の部材仕上げ。女性らしい、丁寧な仕上がりに山口くん、花輪くんはびっくり!

引き続きウイングソファーの加工中の花輪くん。こちらもとにかくデカイ!最近の旅する木は「デカイ」もの続き。

デカイもの続きでも、仕事は繊細、緻密に。旅木スタッフは0.1ミリ単位精度の仕事を毎日こなしております。ウイングソファーも大分、形になってきたね〜

11/30

木だけではなく人造大理石の加工もこなしてしまうスーさん。本当に何でもこなしてしまうんだね〜。すごいな〜

ウイングソファーの製作に入った花輪くん。テーブル1台分以上の無垢材をどーんと使ってしまう、とんでもなく贅沢なソファーなのだ!

製作行程は、もはやテーブルを作っているかのよう。おなじみのフィンガージョイントの加工中。

TVボードの方は、加工が終わり塗装に入ったよ〜作業台の上には塗装を終えた各部材が並べられているね。後は組み立てれば本体完成!

スーさん何やってるの〜?機械に覆い被さるようして、変わった形のものを加工しているようだけど…
また、変わったものを作っているのかな〜?

11/18

製作は順調に進んでいるよ〜501チェアーの加工中のスーさん。工房に入れる限られた時間の中で、中身の濃い作業中。

フラッシュ構造のパネルを製作中の山口くん。工房の隅っこの方で、そっと糊付けに勤しんでおります。

完成したパネルは、それぞれの加工を施されています。ひと部材ごとに違う加工がある今回のTVボード。間違いがないように、しっかり確認しながらの進めていってるよ。

花輪くんは、ちぎりなベンチのかんな仕上げ。ピカピカに仕上げてられた面に、後ろの窓格子が写ってる!すご〜い!

先週末には、当別町の少年野球チームのみんなが餅つきにやって来たよ〜。突きあがったお餅を、丸めているんだよ〜みんな満面の笑顔。楽しそうだね〜

11/10

スウェーデンからの留学生が工房見学に来たよ〜木の車椅子にスウェーデン人もびっくり!ストーブを囲んで、スーさんにいろいろ質問していたよ。

打ち合わせや、デザイン、図面の仕事が盛り沢山の中、スーさんは501チェアーの加工に入ったよ〜

花輪くんは、ちぎりなベンチの製作。旅する木の家具の特徴、あられ組接ぎの加工中。

お次は、ちぎりを入れる加工。ちぎりに合わせて、一つ一つノミで掘り込んで行くんだよ。花輪くん、職人の腕の見せどころですよ〜

山口くんは、箱物家具の製作に取り掛かったよ。今回は壁一面を覆い尽くすTVボード。どんな感じに仕上がるのかな〜

10/29

レラパーソナルチェアーの製作も順調に進行中、加工も完了して組み立てに入ったよ〜

曲木の加工はスーさんにバトンタッチ!花輪くんは曲木以外の木柄の製作に突入!

木柄の組み立て。この木柄にウレタンと革が張られて、曲木のパーツと組み合わさるんだよ〜何になるか、みんなわかったかな〜

今日は木工教室も開催。遠く富良野から、参加してくださいました。組み立ても終わり、地元東裏産の亜麻仁油で最後の仕上げ。

出来上がっての記念撮影。永く大切に使って下さいね。

10/25

キッチンも完成して、みんな新しい家具の製作に入ったよ〜。柱みたいな立派な長い材料…花輪くん何を製作しているのかな〜

さっきの長くて分厚い材料がきっちり製材されたよ。どうやらこれから、曲木をするんだって。ん〜何になるんだろう?

ナラの長〜い材料、本当にこれを曲げるの〜?っていうか曲がるの〜?定番の製品らしいけど、何を作っているのかな〜。トップページの家具の欄から探してみてね〜。

山口くんは、レラパーソナルチェアーの製作に入ったようだね。曲線の切り出し作業。

仕口の加工。椅子の製作は緻密な加工が盛り沢山。1/10ミリの精度が求められるんだって。スーさんにそう言われて、山口くん緊張中。

10/20

今日は、スーさんと一緒にノンノも出勤。久しぶりに工房にきたので、嬉しそうにあちこちを探索してるよ〜。何かないかな〜

今度は山口くんのところにやってきて、遊んでの猛アピール。かわいすぎる…
でもノンノと遊んでいられないくらい旅する木は大忙しなのです。ごめんね〜

山口くんはキッチン口板の引き手を取り付けているよ。一枚、一枚クランプで取り付けていくんだって。沢山あるから大変そうだね。

こちらは、完成した口板。山積み!凄い量だね〜。これだけ全部取り付けた山口くんお疲れ様でした〜。

スーさんは、キッチン最後の仕上げ。完成した口板、扉を取り付けていってるよ〜みんなで進めていったキッチンもいよいよ完成だ〜!

10/6

先日、花輪くんが加工していた大量の棒材が組み上がって形になったよ。TVボード[和]の前板でした〜
チェリーの無垢材を贅沢に使用したTVボード、完成が楽しみだね〜

キッチンの本体が全て完成。いったい、いくつあるんだろう?凄い量だね〜

東北に帰った小泉さんから秋刀魚が送られてきたよ。今日のお昼は秋刀魚とあっこさんのキノコ汁で、秋の味覚を味わう会を開催。

うわ〜煙い!ゲホゲホ…
秋刀魚の脂で、舞い上がる煙!スーさん、あっこさん燻されて涙目に。

しっかり脂ののった、美味しい秋刀魚でした。小泉さんありがとう。ご馳走さまでした〜。
ちなみに、小泉さん、旅する木で修行して、家具に旧技能士に合格したそうです。おめでとう〜!

9/30

天板のはぎ合わせが終わった花輪くんは、一旦キッチン班から離脱。新たな家具の製作に入ったよ。

長さの違う沢山の細い棒材。一体なんになるんだろう?

こちらはキッチン班。次々に本体が組み上がってきています。

本体が組み上がったものから、スーさんが引き出しの口板を製作。旅する木のキッチンはこんなに長くても、ずっ?と木目がつながっているんだよ。すごいね?

岩崎君は、引き出しの仕上げ面取り。抜群の収納力を誇る旅する木のキッチン。引き出しの数もかなりのもの。慣れない岩崎君はやってもやっても終わらな?い(涙)黙々と頑張ってくれています。

9/25

旅木祭りも無事終わり、新たな家具の製作に入ったよ〜キッチンから家の中ほとんどの家具、さらには建具まで製作させてもらえる事に!
本体担当は山口くん。

大きい!こちらはアイランドキッチンの天板。天板担当は花輪くん。木目や色目、さらには図面を見ながら、くり抜く位置も考えて、これから剥ぎ合わせていきま〜す。

天板と共に家具の見せ場になる、口板や扉、無垢材の部分は、本体に合わせて、正確な加工が必要な工程。ここは、もちろんスーさんが担当。

研修中の岩崎くんも、しっかりお手伝い。一生懸命やってくれています。ありがとう。

おやおや?ここにも一生懸命頑張っている人がいるぞ〜。しっかりスーさんの仕事をお手伝いしていました。こんなふうに、旅木ファミリー全員総出。心を込めて、絶賛製作中です!

9/17

思 考錯誤しながら密かに黙々と加工をどんどん進めていた山口さん。部材も揃い、助っ人岩崎くんと組み立て作業に差し掛かっていたよ〜。これまた箱物!なんだ ろなん だろ〜
花 輪さんは天板のカンナがけに突入。いつものごとく、真剣な眼差しでカンナ作業!工房にシャーシャーという音が鳴り響いています。
助っ人岩崎くんはビーンズを塗装。塗装している姿も豪快だね〜♪ミニミニビーンズは旅木祭で大活躍でした〜♪
スー さんはデスクワークもやっちゃいます!旅木祭にむけていろいろ準備してたんだね!お陰様で大盛況〜♪

デ スクワークもこなしながら、きっちり取材にも対応しています。なんとHBCラジオに出演しちゃいました〜!スーさんは大忙し&有名人です〜♪

9/15

すでに旅する木の家具を使ってくれているお客様、今ご検討中のお客様、HPを見てくれているお客様など、こんなにたくさんのお客様が、このお祭りに来てくれるなんて、正直、思ってもいませんでした。参加者ほとんどいなかっ
先週の日曜日、旅する木10周年のお祭り、旅木祭りを開催しました。な、なんと、90人を越えるお客さんが来てくれました。ありがとうございま〜す。 斉藤航君のバイオリン演奏会は、子供へのアニメ曲から、しっとりとしたJ-POPから、クラシック曲まで、感動的な演奏で始まり、
ミニビーンズ狙いで皆さん真剣にクイズや、積み木ケームに夢中になっていました。みんなで楽しんでくれていましたよ〜。
そして恒例のお餅つき。子供たち、とっても喜んでいました。旅する木にお餅つきの季節は関係ないのだ!真夏でもやっちゃうよ〜。 たらどうしよう?なんて心配していたくらいです。本当にありがとうございます。これからも精一杯、心を込めて家具を製作していきます。今度ともどうぞよろしくお願いいたします。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com