『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。

オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます


rera和風ボード

つい見とれてしまう家具です。
色んな要素が混ざり合っているのに、
全てが調和していて、楽しい家具です。

天坂はウォールナットの耳付き。
本体はビシッとウォールナットで決めていて。
それでいて、引出しは色んな樹種を使って、遊び心。
旅する木得意のiro色ラインも入ってる。

旅する木はこういう耳付きの板の加工も得意とするところ。
板で勝負するには、高い技術力とセンスが問われます。

お客様のご希望で、旅する木するきらしい家具ということで、iro色ライン。
いろんな異なる樹種を埋め込む、象嵌という、高度が技術。

『ありがとう』の埋め込み。
ありがとうシリーズは → こちら

これが楽しいポイント。
色んな樹種で引出しを作りました。
順番とかで、雰囲気が全然変わっちゃいます。
センスが問われるところ。

旅する木の家具の天坂は、手カンナし上げ。
しっとりとした光沢。
いいですね〜。

こんな家具がお部屋にあったら…。
いいですね〜。


樹種   :ウォールナット
サイズ  :W1800×D380×H800
仕上げ  :旅する木オリジナル塗装
参考価格 :450,000円(税別) 
 

rera和風ボード

浜松市にお住まいのKさんから電話でお問い合わせを頂きました。
「まとまっていないのですが…」
という前置きで、いろんなパーツ、パーツのご要望を話され、一つ一つをメモっているうちに、
これを全部一つの家具に落とし込んだら、バラバラのとりとめない家具になりそうだな〜。と感じました。
が…。

そこは要望を叶えつつ、キチッとまとめるのが僕の仕事。
腕の見せどころ?

デザインを起こしていくうちに、徐々にまとまってきて、完成した家具は、あまりに見事で、
スタッフたちと、「しまった〜。もう1個作って、工房のショールームに展示すればよかった!」っと叫んじゃうくらい。

部分部分を見ると、旅する木らしいけど、全体としては新しい家具が完成しました。

Kさん、この度はありがとうございました。

お届け後、喜んでお電話をくれたKさんの興奮気味の声が忘れられません。
本当にありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com