『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

『感謝とリスペクトから産まれた、旅する木のお米』〜 感謝とリスペクト米 

 信じられない美味しさ、そして 清らかな美しさ。
 残留農薬ゼロ、心と身体を健康にし、環境にも優しい米を 販売します。

 その名も、名付けて…

『感謝とリスペクトから産まれた、お米と家具の物々交換』

 

生産者のMu-unさんこと、稲村さんご家族。楽しいこと大好き家族。美味しいお米を作ってくれます。 「感謝とリスペクト米」の田植え作業。
『感謝とリスペクト米』とは?

・幻の品種 ”ゆきさやか”
・艶やかで清らかで、美味し過ぎるお米
・残留農薬 ゼロ証明されたお米
・摩訶不思議なアートテン農法による栽培
・トリニティー技術による栽培
・こんなにこだわっているのに、とっても低価格のお米 
→ 価格は下の方に表示しております。
・信頼関係のもと、家具と物々交換された、楽しいお米


【『感謝とリスペクト米』はこうして生まれました】

『感謝とリスペクト米』を栽培してくれている近所の農家のMu-unさん(稲村さん)のご家族は、
旅する木のファンで、旅する木の家具を使ってくれていて、いつも旅する木を応援してくれています。
僕(須田)も毎日、Mu-unさんのお米を美味しく頂いています。
稲村さんのご家族の人間性や、農業に対する姿勢を尊敬しています。

そこで、無理を承知である提案をさせて頂きました。
「お米と家具の物々交換をしませんか?」

僕はこれから、いろんな生産者と、紙幣でのやり取りではなく、物々交換をしていけるような信頼関係を
築いていきたいと思っているんです。
居酒屋で、そんな話しをしながら、お米と家具の物々交換の話しを持ちかけると…。

即決で「面白いですね。やりましょう!」と。さらに、
「一枚の田んぼを”旅する木の田んぼ”にしましょう。そこで須田さんのやりたい農法をやって下さい。
もちろん、全ての作業は僕らがやります。その田んぼのお米と旅する木の家具を毎年、交換しましょう。」
という話しがまとまりました。

そこで、僕がやりたいと思っていた、トリニティーを使ったお米作りをお願いし、
昨年、残留農薬を検査機関で調べて頂いた結果、お米への残留農薬はゼロであることが証明されました。
そして、知り合いなど誘って、お米の食べ比べをしたところ、履歴を明かしていないにもかかわらず、
全員が『感謝とリスペクト米』を一番美味しい。と選んでくれました。
今年はトリニティー栽培に加え、アートテン農法という宇宙のエネルギーが注ぎ込まれたお米は、
さらに美味しく、心も身体も健康にしてくれると思います。



感謝とリスペクト米』の、ものすご〜いこだわりの 特徴

【幻のお米 ”ゆきさやか”】

  [感謝とリスペクト米]の品種は[ゆきさやか]
   艶があり、北海道の雪の様に白く、清らかなお米です。
 

   [感謝とリスペクト米]は、北海道米の最高位とされる[ゆめぴりか]よりも良食味と業界では
   評判の[ゆきさやか]という品種のお米です。
   一般栽培品種としてゆめぴりかと最後まで競ったのですが、ゆめぴりかより若干
   病気に弱いということで、一般栽培には至りませんでした。
   しかし、その美味しさから、一部の熱心な農家さんが栽培し、販売をしている、
   希少価値のある、白くて、美しく、美味しいお米です。

【残留農薬 無し】

 [感謝とリスペクト米]は次に説明する二つの特別な農法により、検査機関に残留農薬の有無を調べたところ、
  見事、全ての項目で残留農薬が無いことが証明されました。

  北海道は大規模で稲作をしているので、お米を無農薬、無化学肥料で栽培するのは、とても大変。
  なので、無農薬・無化学肥料米はものすこく高額での販売になってしまいます。
  ところが、低農薬栽培でも、次で説明する農業技術により、残留農薬がゼロであれば、無農薬・無化学肥料で
  栽培したのと同じこと。だから、販売価格を押さえられました。
 

【アートテン農法による栽培】

  [感謝とリスペクト米]はアートテン農法という不思議な技術で栽培されています。
  アートテン農法?
  聞き慣れない農法ですね。

 [アートテン農法とは?]

   天味の食材を作り出す大自然農法であり、自然界との共存、調和と思いやりの心(利他愛)を  
   基本とするものです。『医農野菜』とも呼ばれ、育てる人(生産者)や食べた人(消費者)の
   心と身体を細胞レベルから元気にさせる効果があり、人間の健康に大いに寄与する無限大の
   可能性を秘めた農法です。
                アートテン普及協会 HPより

   今の科学では証明できない、不思議(あやしい?(笑))な技術ですよね。
   でも、旅する木はこういう目に見えない心の世界のことが大好き。
   広告費ゼロ、どこのショップにも卸さない。下請けはやらない。あくまでお客様と直接販売に
   こだわる家具作りを続けて来れているのは、目に見えない世界を信じて、大事にしていること
   以外に考えられない。
   だから、僕はアートテン農法を友達から聞いた時、すごくワクワクしました。

   実は旅する木の畑は昨年も、今年もこの、アートテン農法で作物を育てています。
   ただの荒れ地だった土地で、無農薬、無肥料でも、美味しくて、健康な野菜がたくさん育っています。
   そんなアートテンの技術を田んぼにも使ってもらって、育てています。

【トリニティー技術】

   アートテン技術だけでもすごいのに、さらに苗を育てる過程において、生体融合型光触媒の
   トリニティーを散布しています。光触媒トリニティーとは、光エネルギーで働く触媒で、
   有害物質を分解し、無害化することがでます。
   また、発育や耐病性がよくなり、土地も浄化され、環境にも優しい、良いこと尽くしの技術で、
   これまた、美味しくて健康的なお米に育ちます。

【価格設定】

   こんな風に、旅する木の家具と同様、こだわりまくって農家さんが丁寧に育てているお米、
   [感謝とリスペクト米]を旅する木で販売致します。
   トリニティー栽培や、アートテン農法で作られているお米は、市場では高額で販売されていますが、
   物々交換したものなので、とても安く販売できるのです。
   先ずは是非、お試し下さい。このお米の美しさと美味しさの虜になってしまいますよ。
   

    品種 幻のお米 『ゆきさやか』

kg
金額(税別)
玄米
5kg
2,000円
玄米
10kg
4,000円
精米
5kg
2,100円
精米
10kg
4,200円
       (税込価格)

   メールにて下記の項目をお知らせ下さい。

    ・玄米 または 精米
    ・量
    ・お名前
    ・ご住所
    ・電話番号(自宅 または 携帯)

   メール kagu@tabisuruki.com

  今年の販売は秋口の収穫後からになります。  

【送料】 

北海道内
東北
関東/甲信越
北陸/東海
近畿
中国/四国/九州
10kg
540円
970円
1,080円
1,190円
1,510円
1,620円
20kg
650円
970円
1,080円
1,190円
1,510円
1,620円
30kg
970円
1620円
1,730円
1,940円
2160円
2,270円
                         (税込価格)

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【お米をもっと美味しく食べるには…】

  ・できれば玄米で購入し、そのつど、精米して焚くと、本当に美味しいごはんが焚けます。
  ・水道水ではなく、浄水で洗って、入れる水も浄水で。(洗う一番最初の水が肝心)
  ・お米を傷つけないように指先で円を描くように洗う。洗い過ぎないように。(古米はまた別)
  ・30分〜1時間ほど、浸水させてから、炊飯器ではなく、土鍋、もしくはステンレス鍋でじっくり焚くと、
   信じられない美味しさです。 →”お米が立つ”を実感出来ます。

  もっといろいろありますが、これだけでも十分に信じられない美味しいご飯が焚けますよ。

【スーパーのお米について】

  スーパーで売っているお米は、ほとんどが農協を通じて流通しているお米です。
  農協のお米は、こだわっている農家さんのお米も、そうでない農家さんのお米も、品種だけで分けられて
  同品種は、いっしょくたんにされてしまいます。
  この方法では、もし僕が農家だったらやる気が出ません。だって、こだわって、手間をかけた分だけ、損ですから。

  旅する木の家具作りがそうであるように、喜んでくれるお客様に直接届けたい。そして、その喜びを感じたい。
  農家さんも同じこと。手間をかけたこだわりを、わかってくれるお客様に直接お届けして、喜びを感じたい。
  旅する木が『感謝とリスペクト米』の販売をしようと思ったのも、そんなことのお手伝いをしたいから。
  僕が毎日食べているMu-unさんのお米とそのこだわりを、是非知って、食べてもらいたいと思います。

  でも、一つだけ気をつけて頂きたいことがあります。 

『感謝とリスペクト米』を試しに食べたい方への注意事項

  試しに『感謝とリスペクト米』を一度食べたら、もういつものお米では、心が満たされなくなってしまいます。(笑)。。

  だって、心を満たすものはいつでも
  「感謝とリスペクト」ですから…。。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com