『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。

オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます。


 心と体シリーズ 〜サイドボード〜  心と体と木と暮らしブランド

こんな素敵な家具ですが、なんと、木工ボンドを使っていません。

化学物質過敏症の方の為の家具作り → 『心と体と木と暮らし』の家具作り

いつもは突き板をつかう扉の腰板(枠の中の板)も
無垢の板のはめ込みにしています。

もちろん、背板もたくさんの無垢の板のはめ込み。

そして、そして、引出しの底板も無垢の板をはめ込み。

もちろん、側板も。

綺麗に接ぎ合わせられた天板は、木工ボンドじゃなくて、
”ニカワ”をボンドにして接着。

何十年も昔の技術を再現して製作。
美しい家具を諦めていたお客様に、喜んで頂きました。

樹種   :イタヤカエデ
サイズ  :W1600×D450×H900
仕上げ  :蜜蝋ワックス
参考価格 :450,000円(税別)

心と体シリーズ 〜サイドボード〜

化学物質過敏症の方からの依頼で製作しました。
旅する木のもう一つのブランド、『心と体と木と暮らし』という、一切の化学物質を使わない家具作り。

多くの化学物質過敏症の方は、デザインされた一生使いたくなるような家具を購入することを諦めています。
全国どこの家具屋さんも、木工ボンドを使いますし、合板を使いますし、市販のオイルで塗装します。
そういうものを使わないで家具をつくるとすると、クギやビスを使って、板を組立てるだけの、デザイン的に
かなり味気のないものしかありません。
化学物質過敏症の方は、これから増々増えていくと思います。では、そういう症状を持った方は、
その為に一生使いたい大好きな家具を諦めるしか無いんだろうか?

という疑問から、数年前研究、試作を繰り返し、化学物質を使わない家具作り『心と体と木と暮らし』を
立ち上げました。

ご覧下さい!
このような美しい家具をその技術を使って製作することが可能なのです。
この家具を依頼して下さったお客様も、とても喜んでくれました。
苦労した甲斐があります。よかったなぁ。と実感しました。

便利さの為に失われる技術を、これからも大切にしていきたいと思います。



札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com