『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 『木のキッチン』、水回りが木で大丈夫なの?

札幌市 Y邸 キッチン

 

木がいっぱいの、木の家に、木のキッチンを製作。

建物はBESSというログメーカー。
木の香りが気持ちよく、森の中にいるみたい。

リビングから手元が見えないように壁が立っています。

旅する木のキッチンは、木目が綺麗につながっています。
こういう手間をかけているから、パッと見の感動を生みます。

チェリーの40?の厚板。
木のキッチンは、モノの当たりが心地良いのです。

ステンレスシンクももちろん、特注で製作。

水栓器と、浄水器も付けました。
レンジフードも素敵ですね。

細かなキッチン用品を収納。

シンク下には米びつの収納。
横からお米を出せるように、引き出しの側板を無くしています。
オーダーだからこそ、こういう細かい要望に応えられます。

ビルトインの食器乾燥器。
前のパネルを木目がつながるように交換。

収納力たっぷり!

シンクを囲う壁の天板。留(45°)の加工もピッタリ!
シンクも立ち壁も桜で揃えているので、一体感があって、素敵。

チェリーの無垢板の迫力はすごい!

桜のいろんな優しい木目。
経年変化で、徐々に濃い飴色になって、より馴染んできます。

シンクの後ろのキッチン収納。

引き出しは可動できる仕切り板。好きなものを使いやすく配列。

引き出しと扉で、収納するものに応じて対応。

リビングからの風景。

Yさんの可愛い子供たち。
もうすぐここで暮らせるよ〜。
嬉しいね〜♪


キッチン
 樹種   :アメリカンブラックチェリー
 サイズ  :アイランド  2700×850×H1050(シンク天板 H850)
      :キッチン収納 下台 1240×550×H850
              上台 1200×400×H800
 

札幌市 Y邸 キッチン

木をふんだんに使ったBESSの家に入っている、木のキッチンです。樹種は桜。

森の中にいるような錯覚になる家の中で、桜の木のキッチンは、しっくりと馴染みつつ、その存在感もちゃ〜んと表現していて、

”当たり前のものが、当たり前に存在している”という素敵な感じです。

木のキッチンは、どこでもすんなり馴染むんだな。と改めて実感しました。


札幌市 Y邸 キッチンはこうして生まれました

ある日、工房に2人の可愛いお子様を連れたご夫婦が、キッチンを見に来てくれました。

家を計画中で、キッチンを探しているということでした。

工房にあるカフェの木のキッチンをご覧になり、ビックリして感動してくれていました。

ご主人が、「この前東京の◯◯◯というショップのキッチンを見て、いいなぁ。」と思っていたんですけど。っと。

実はその◯◯◯というショップの家具は、僕が旭川での修業時代に製作していた製品を販売しているお店。

その事を伝えると、またまたビックリしていました。

そんなご縁の繋がりで、キッチンの打ち合わせがスタートしました。

旅する木は、基本的に値引きはしません。同じものが、この人にはこの価格なのに、この人にはもっと安い価格。では

不公平で、失礼なことなので。そして、値引きをお願いするのに、機材を最高級のものを選んだりするということが

あるからです。ただ、まったく応じない訳ではありません。お客様の精一杯が見えた時には、考えます。

今回、Yさんは何度も工房に来て下さり、「どうしても須田さんにお願いしたい。でも、もうこれ以上、お金がない。

カーテンを買うお金もないくらいです。」と、機材もこだわらず、ネットで安いものを一緒に選び、Yさんができる

精一杯を旅する木のキッチンに当てる姿勢を見せてくれました。その思いを感じ、「その分、お友達や知り合いに、

いっぱい宣伝して下さい!」と値引きに応じました。

Yさんご家族が工房に製作経過を見に来てくれた時、9割がた完成した自分のキッチンをご覧になり、

「これはすごい!すご過ぎる!」そして、ご主人が奥様に、「こんなすごいキッチンを作ってもらったのに、値引きを

お願いして、本当に申し訳ないなぁ。」と言っていたのをこっそり聞いて、僕は心から嬉しくなりました。

取り付けの時、とても楽しみにしていたYさん奥様は、徐々に取り付けが進む過程を、ワクワクしながらご覧になっていました。

完成したキッチンは、回りの木と馴染み、”森の中の喫茶店”という雰囲気で、Yさんご夫婦はとっても喜んで、

「こんなキッチンなら、俺も美味しい料理作るわ。」というご主人に、奥様が「作らないでしょ!」とツッコンでいました。

打ち合わせをしている最中に、3人目の赤ちゃんが産まれ、この家でのにぎやかな5人家族の暮らしが想像できて、

僕もなんだか嬉しくなりました。

Yさんご夫婦、この度は本当にありがとうございました。

近くに来た時には、顔を出すかも。工房にも是非、遊びに来て下さい。お待ちしております。


[嬉しいメールを頂きました]

お久しぶりです。

HP拝見しました!
素敵な写真をたくさんUPして頂きありがとございます!
子供達の最後の写真主人もとっても気に入っていました!

毎日ご飯を食べ終わり、片づけをし、
きれいにした後キッチンを眺めるのがとても好きな時間です。

本当に素敵なキッチンを作って頂きありがとうございます!

昨夜寝る前に布団の中で、HPを見ていて、
主人に旅する木の話をしたら、
なんと主人も旅する木のHPで、自分の家のキッチンを見ているところでした!

HPにも書いてくれていましたが、
須田さんの想像通り、とても賑やかな毎日を過ごしています。

本当に近くにお越しの際は立ち寄って下さいね!


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com