『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 『木のキッチン』、水回りが木で大丈夫なの?

松山市 T邸 キッチン

なんと、愛媛県松山市のお客様、Tさんのキッチンを製作。

ナチュラルの空間にウォールナットのキッチン、映えますね。

このキッチン、天板下の本体は、かなり凹凸があって、
作るのが大変でした。
ちなみに、この写真の手前には3列の引出しになっています。

不思議な形ですよね〜。
実はお客様のスケッチを元に、図面を起こして製作したもの。
できるだけご希望に添えるよう、意図を読み取って、設計しました。

引出しの下は凹んでいて、ここにハイチェアーを合わせて
ご飯食べられるようになってます。

キッチン収納も合わせて製作。

手カンナで仕上げられたので、水を染み込ませることの無いウォールナットの天板。
どうして旅する木は自信を持って水回りに木のキッチンをお勧め出来るかというと

1.水に強い木を使う
2.表面を手カンナで仕上げる
3.旅する木が開発した特殊な塗装

この3つの条件が整っているからなんです。
詳しくは → こちら

キッチン側もとても複雑。
でも、Tさん思い通りのものが完成して、大喜びしてくれました!

Tさんが描いたCG
ここまでやるTさん、過ごすぎ!


樹種  :ウォールナット
仕上げ :旅する木オリジナル塗装

アイランドキッチン:W1850×D1000×H900
壁面収納:W1800×D700×H900

松山市 T邸 キッチン

今まで、たくさんのキッチンを作って来たけれど…。
こんな凹凸複雑なキッチンを作ったことはありません。
なぜかというと、お客様がご希望のスケッチを書いて、それをほぼ忠実に再現したので。

僕が設計したら、こんなキッチンを思い付くことはなかったでしょう。
キッチンであり、食卓テーブルであり、作業台であり…
様々な役割を満たしていくうちに、こんな風になりました。
それにしても自由な発送ってすごいなあ。と思いました。


松山市 T邸 キッチンはこうして生まれました

今Tさんとのメールのやり取りを振り返ると、打ち合わせから取り付けまで一年半も
メールのやり取りをしていたんですね〜。
愛媛県松山市という遠方という距離を感じないように、メールを頻繁にしたとはいえ、
往復100回以上のメールでの打ち合わせで、完成したのが、このキッチンです。

Tさんの凄いところ。
ご自身でスケッチを起こすところまででしたら、いなくはない。
ところが、Tさん、なんと、ベニヤ板などでプロトタイプの原寸の模型を作っちゃうんです。
それで検証して、ご要望を伝えてくるという気合いの入りよう。
ここまでされたら、僕もプロ魂に火がついちゃう。
プロトタイプを作ったとはいえ、そこはまだまだ素人(すみません)。
端部の納まりや材料の厚さなどは考慮されていないので、頂いた希望の形の端部の納まりを
考えて、考えて、見落とし、勘違いがないか検討して、何とか納めました。

ここまで考えたTさんなので、納まった姿が想像通りで、大満足されておりました。
僕もとてもうれしかったです。
Tさん、苦労させられましたが(笑)、楽しい仕事をさせて頂きました。
ありがとうございました。


嬉しいメールを頂きました。

お世話になります。
愛媛の武智です。

キッチン、みんなで大切に使っています。
須田さんにオーダーしてよかったです!
妻も、家の中心になるから、立派なキッチンにして良かった!と喜んでいます。

写真ですが、バタバタとしてなかなか落ち着きそうにないので、
床のニス塗りをした日に撮った仮の写真ですが、ひとまずお送りさせていただこうと思います。
水栓との感じだけでも見ていただけたら嬉しいです。(撮り慣れていないと難しいですね)

キッチン収納の背面の壁は、時間ができたらタイルを貼る予定です。
タイルが貼れたら、その後の様子を送らさせていただこうかなと思っております。

あと、椅子ですよね。椅子があったら、さらにかっこいいのにな〜っと思いながら、
貯金しています。今は、とりあえずちゃぶ台で食事しています。

本当に、楽しかった家づくりでした。
須田さんとのやりとりも、勉強になりました。
また、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com