『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


青森県 S邸 キッチン

青森県のお客様の新築の家にキッチンを製作しました。

白い室内にウォールナットのキッチンが映えます。

ウォールナットに白の人工大理石の天板の組み合わせは
互いが互いを引き立たせるので、いいですね。

シンクももちろん、天板と一体型。

遠方でもメールで何回も打ち合わせを重ね、
奥様の希望に添った仕様になっています。

旅する木のキッチンは、木目が綺麗につながっています。
こういう手間をかけているから、パッと見の感動を生みます。

キッチン後ろの収納
こちらは40ミリの分厚いウォールナットの天板。

写真がないのですが、扉を開けると
レンジが引き出せる棚になっています。

吊り戸棚と、その下にインテリアになる調味料などを置く棚
棚は壁に取り付ける土台などを見せたくなかったので、
大工さんが壁を作る工程ですでに取り付けました。

この棚が奥様の一番のこだわり。
なんでしょうか?

そう。「ありがとう」の埋め込み。
毎日気持ちよく生活できますね。

杉のフローリング。
はだしで歩きたくなります。

ご主人も奥様もとっても喜んでくれました!


キッチン
 樹種   :ウォールナット
 天板   :人工大理石
 サイズ  :アイランド  2550×650×H850
      :キッチン収納 1820×460×H850
      :吊り戸棚   1800×400×H350
 

青森県 S邸 キッチン

青森県にお住まいのお客様、そして、青森市の設計事務所、稲見建築設計事務所の設計した家のキッチンです。

白を基調とした建物に、ウォールナットのキッチンがよく映え、白い人工大理石の天板と、白い壁が、清潔感のある

空間を演出しています。

旅する木の家具の特徴である、「ありがとう」を埋め込んだ棚が奥様のこだわり、そして大のお気に入り。

気持ちの良い生活空間になりました。


青森県 S邸 キッチンはこうして生まれました

初めてメールを頂いたのは一年以上前でした。青森県にお住まいのSさん(奥様)が、HPで旅する木のキッチンをご覧になり、

お問い合わせのメールを頂きました。それよりずっと前から旅する木のHPをご覧になっていて、「心奪われていました!」

という嬉しいメール。

建築家(稲見建築設計事務所)との最初の打ち合わせで、「キッチンは旅する木で」とお願いしてくれたんだそうです。

それから打ち合わせがスタート。遠方なので、やり取りはメールと、電話で、実際にはお会いしていないのですが、

とても僕のことを信頼して下さり、後半はすっかり友人のような感覚になっていました。

2013年の年始、一番最初の仕事がSさんのキッチンの取り付けでした。

旅木カー(ハイエース)に製作したキッチンや道具をすべて積み込み、青森に向けて出発。旅木カーが初めて津軽海峡を

越える時は、ちょっと感慨深いものがありました。

青森のSさんの現場に到着し、初めてSさんと顔を会わせたのですが、メールや電話で何度もやり取りしているので、

「やっと会えましたね!」という感じで、不思議でした。

Sさんとも、建築家の稲見さんとも綿密に打ち合わせが出来ていたので、取り付けはとても順調に、一応3日見ていたのですが、

2日で終わってしまい、最終日は青森観光。そしてメールでのやり取りの時から話しをしていて、僕自身、とっても

楽しみにしていたのが、「無事に取り付けが終わったら、一緒に美味しいお酒を飲みましょう!」という約束。

この日の為に一年間、打ち合わせをしてきて、はるばる青森まで取り付けに来たといっても過言ではありません。

僕は日本酒は全く飲まないのですが、Sさんご主人に勧められ、青森のお酒『田酒』を頂いたのですが、

「美味しいお酒は水のように喉腰がよく、後に残らない。」という、よく飲んべえの人が言うセリフが、初めて理解出来ました。

その時の写真がこれ。Sさんも僕(ハゲの方)もいい顔してるでしょ。ちなみにSさんの子供、文ちゃん。人懐っこくて

可愛い赤ちゃんでした。

 

美味しい料理、お酒をご馳走になり、お土産も戴いたので、帰って来てから札幌名物、スープカレーの冷凍したものを

送りました。

旅する木のキッチンでの一番最初の料理を僕の送ったスープカレーにして下さったそうです。

おっと、キッチンの話しを全然していないですね。

もちろん、キッチンをご夫婦ともに、とっても喜んでくれました。(それだけ?)

嬉しいメールをご覧になって頂けたら、どんなに喜んで頂いたか解ると思います。

Sさんご夫婦、海を越え、旅する木にキッチンのご注文を頂き、本当にありがとうございました。思い出深い仕事を

させて頂きました。

いつか、工房に遊びに来て下さい。お待ちしております。


[嬉しいメールを頂きました]

月曜日の夜、早速キッチンで野菜を炒めて、チキンのスープカレーを温めて、
おいしくいただきました。

本当にカレーとは、別物なんですね!
スパイスが効いてて、とてもおいしかったです。次は野菜を揚げてみたいと思います。

まだ数日ですが、朝晩、キッチンに立って料理を作るのがとても楽しいです!
今までは、古い家だったので、寒い台所で一人で作って片づけて、ぶんちゃんどうしてるかな?
と、あまり台所に居たくないというのが、本音でした。

でも、今は、私が料理したり、片づけたりしてるのをぶんちゃんが見てくれています!!まさかの逆!
私が料理作りや片づけをしているのを、初めてじっくり見るので、珍しいんでしょうね。

もちろん、ぶんちゃんが遊んでるのを、私が見れるので、すごくほっとします。

なんといっても、「ありがとう」が埋め込まれてるキッチンですので、すごく気持ちがいいです。
ほっとするというか、やさしい気持ちになりますね。
料理作りも片付けも楽しいんです!

そして、キッチンの床は、稲見さんお勧めのサーモタイルにしたのですが、天板も白で、
床も白ですごくウォルナットが引き立って見えるんですよ。
リビング側からは、杉板の床なのですが、(これもいいんですが)
キッチンに入って行くところでみるとすごくいいんですよ。

須田さんには、本当に色々お手数をかけさせてしまいました。
無事にこうして家ができたのも、須田さんのおかげです。

ちなみに、稲見さんは、今まで建てた家に名前をつけてるのですが、
我が家は「旅する木の家」です!
まさにその通りだと思っています。

本当にすばらしいキッチンを我が家に作っていただき、そして、北海道から一緒に連れてきてくださって、
本当にありがとうございました。

また、お会いできるのを楽しみにしています。
次は、工房に行きますね!


Sさん、こちらこそ、本当にありがとうございました。今度はSさんご家族が津軽海峡を渡って、
工房に遊びに来て下さい。再開出来ることを楽しみにしています。


[HPに掲載して、再び、嬉しいメールを頂きました!]

須田さん

こんばんは。

今年の北海道はすごかったですね。
こちらも数日吹雪がすごくて、吹雪で通行止めになるところが
何か所もありました。
それでも、雪がだいぶとけて、我が家のまわりも
土が見えてきましたよ。

さて、お忙しい中、HPへの掲載ありがとうございます。
とってもうれしいです。
いろんなことがありましたね(笑)
でも、こうしてほっとできるキッチンが完成しました。
私には癒しの場です。
ありがとうの棚は本当にいいですよ?。
好きなものを飾ったりしてますが、
ちょっとしたものを置くのにも、すごく役立ってます。

使い始めてから、格段に料理の腕があがりました(笑)
本当にうれしい限りです。というか、料理を作るのが
楽しいんです。準備するのも、片付けも。

そして、添付した写真をつけましたが、
ぶんちゃんがキッチンでよく遊びます。

洗った食器のかごを置くスペースにぶんちゃんがやってきて
秘密基地みたいになってます。
なので、かごを置けなくなりました(笑)
その上の棒には、ふきんを干しておいたり、
ザルを乾かしておいたりしてるのですが、
ぶんちゃんに全部取られて、遊びの道具に。
通気性を考えて、扉をつけませんでしたが、
まさかぶんちゃんの遊びの場所になるとは思いませんでした。

もうしばらくだけの光景かもしれませんが、
予想外の楽しみがキッチンにできて、これまたうれしい偶然でした。

主人もHPをみて、
「いいキッチンだな?。ん!なんで自分が写ってる!?」
と笑っていました。まさか、あの写真が使われるとは。
喜びを表現してる写真ですが(笑)

ぶんちゃんも「ん、んーー!」と言って喜んでおります(笑)

では、お忙しいと思いますが、
お体に気を付けて、素敵な家具をみなさんの元へ届けてくださいね。

この度は、本当にありがとうございました。
HPの更新も楽しみにしております。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com