『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 『木のキッチン』、水回りが木で大丈夫なの?

千歳市 S邸 キッチン

千歳市の新築の家のキッチンです

白い壁にチェリーのキッチンが映えますね。
優しい雰囲気を感じます。

天坂はもちろん、チェリーの無垢板。
厚さ40ミリもある分厚い無垢板です。

リビング側には収納力いっぱいの収納。

こんな感じに、お客様Sさんのお気に入りの食器が納まってます。

手カンナで仕上げられたので、水を染み込ませることの無いチェリーの天板。
どうして旅する木は自信を持って水回りに木のキッチンをお勧め出来るかというと

1.水に強い木を使う
2.表面を手カンナで仕上げる
3.旅する木が開発した特殊な塗装

この3つの条件が整っているからなんです。
詳しくは → こちら

さて、キッチン側の説明を。

キッチン側も収納力は抜群!

「フキンを掛けてるところなんて、人に見せたくない。」
といことで、こんな風にオリジナルで作っちゃいます。

ところが、Sさんはなんと、こんな風に使ってました。

湿気が隠らないように、ここはオープンに

「まな板をしまうところが無くて、いつも困ってるの。」
という要望には …

こんな風にピッタリに作っちゃう。

調味料はもちろん、一升瓶を入れるための深い引き出し。

もちろん、シンクも特注。
便利な水切りも特注で製作。

壁面収納にも色んな工夫が。

奥のものを取りやすいように、引き出せる棚。
引出しと違って、高さの制限がないので、便利。

奥様のアイデア。
釣り戸棚の上に間接照明を隠してる。

夜なんて、きっといい雰囲気じゃないかな?
写真撮りが昼まで残念〜。
でも、本当に使いやすくて、いいキッチン!
Sさんもとても喜んでくれました〜。
ありがとうございます。


樹種  :アメリカンブラックチェリー
仕上げ :旅する木オリジナル塗装

アイランドキッチン:W2700×D1020×H870
壁面収納:W1800×D600×H870
吊り戸棚:W1800×D400×H620


千歳市 S邸 キッチン

料理上手で、マクロビ系のお菓子作りが趣味(趣味が高じて、お店を持つ計画中)のSさんの新築のキッチン。
リビング側の収納も充実させるべく、W2700×D1020という大きなキッチンです。

こんなに大きなキッチンの天坂が、チェリーの厚さ40ミリの天坂なので、その存在感と迫力はすごい。
でも、優しい雰囲気のチェリーなので、空間を優しく引き締めてくれています。

奥様のアイデアの間接照明が本当によい感じで、旅する木のキッチンのショールームみたいです。


千歳市 S邸 キッチンはこうして生まれました

千歳のSさんから、キッチンの見学のメールを頂いたのは、もう半年以上も前のこと。
工房に来て下さり、カフェのキッチンをご覧になり、イメージがふくらみ、帰宅後すぐに、キッチンに
収納するものを採寸して下さり、それらがきちんと納まるように、キッチンの設計作業に入りました。

Sさんのペットのワンちゃんが18歳という高齢で、体調が悪い時期もあるらしく、
目を離せないので、工房での打ち合わせはご主人が来て下さり、奥様とは、携帯で連絡を取り合いながら
進めたりもしました。

玄関からリビングに入ると、真っ先に目に飛び込むのがキッチンという間取りで、
2700×1020という大きなキッチン自体がメインの空間なので、製作も気合いが入ります。

取り付け時はまだ、当然、建築工事の途中なので、僕らはキッチンを傷つけられないように
しっかり養生をして帰ってきます。
なので、Sさんは、目の前にキッチンがあるのに、ご覧になるのはお預け状態。
塗り壁の施工が終わり、やっと養生をはがしてご覧になると、その存在感に圧倒されたようで、
すぐに喜びのメールを頂きました。

Sさんは、マクロビ系のお菓子作りが趣味で、近いうちにそれを販売していく予定です。
引き渡し後、写真撮影で訪れた時、そのお菓子を作ってくれていました。
普通、お客様の家に行った時は、こんな僕でも多少遠慮して、1個か2個くらい頂き、失礼するものなのですが、
そのお菓子のあまりの美味しさに、う〜ん、何個食べただろう…(笑)。
作ってくれたほとんどを、バクバク食べてしまいました。

料理上手なSさんが、本当に気に入って使ってもらえるキッチンを製作させて頂き、本当に喜んでくれて、
Sさんの家に来るお客さんも皆さん、ビックリ感動してくださっている様子を伝えて下さりました。

旅木祭りにも来て下さり、キッチンの小物をたく買って下さり、身の回りには旅する木グッズがいっぱいだそう。

こんな風に喜んで下さり、本当に嬉しいです。Sさん、ありがとうございます。



札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com