『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 赤平市 S邸 キッチン

 
写真をクリックして下さい

写真をクリックして下さい。詳細画面をご覧になれます。


赤平市 S邸 キッチン

 ”リュウマチで足が痛くなったおばあちゃんが使いやすいキッチンを。”ということでキッチンのリフォームをしました。

 座ったまま台所仕事が出来るように、シンクの下を凹ませて、そこに合うようにキャスター付き小椅子も製作。

もちろんオーダーなので、一升瓶が入るように、たくさんの鍋を積み重ねて入れられるように深い引き出しが欲しい。

など、どこに何を入れるかを確認の上、そのサイズに合わせて、引き出しの寸法を決めます。

 そして天井の収納は、収納カゴが引っぱると下に降りてくる特殊な金物を使いました。これでしたら、足の悪い

おばあちゃんが、上のものを取る時、台に乗ったり、背伸びをしたりする必要がありませんので、安心です。

 天板は、おばあちゃんが山菜や畑の野菜を取ったまま流しでゴシゴシ洗うことがよくあるということで、多少荒く扱っても

大丈夫なように、ステンレスにしました。

 本体はチェリーの板目を横目で使い、もちろん、木目ががつながるように施工しました。特に天井収納はレンジフードの

幕板をメーカー指定品を使わず、木で作ったので、横の収納の扉と木目がつながっています。2.7メートルの収納の木目が

つながっているので、パッと見た時、うわ〜、すごい!という印象を与えてくれます。

 改めてリフォーム前のキッチンと比べると、部屋が明るく、使いやすく、そして素敵な空間になったと思います。


[赤平 S邸 キッチン]はこうして生まれました

 たまたま銀行で待っている時、雑誌『住まいネット』に掲載された旅する木の記事をご覧になり、工房に来て下さいました。

「赤平の実家のキッチンを製作して欲しい。」ということで、カフェのキッチンをご覧になり、とても気に入ってくれました。

お母さんが足が悪くなり、今のキッチンでは使い勝手が悪いようで、”母が使いやすいように。”というのが第一条件で、

打ち合わせを進めました。

 設備関係は地元の建築会社さんに頼んでやり取りをし、出来るだけキッチンを使えない日を一日だけにしたい。ということで、

僕の方の加工が終了し、取り付けの日程の前日に既存のキッチンの解体。翌日取り付け、設備接地、接続、という段取りで

進めました。キッチンの取り付けと同時進行で設備が取り付けられ、その日のうちにキッチンを使えるようになりました。

 取り付けが完了した時は、もう夜になっていて、写真撮影が出来なかったので、別の日に写真撮影をさせてもらったのですが、

おばあちゃんから、「お陰さまでとても使いやすいですよ。ありがとうございました。」と嬉しい言葉を頂きました。

 いずれ、依頼して下さった娘さんも実家に帰る予定らしく、素敵になったキッチンを喜んでくれました。

 デザインだけでなく、使う人にそれぞれに合わせた使いやすさを追求するというのは、オーダーの醍醐味で、僕自身、一皮

剥けたような今回の仕事でした。Sさん、本当にありがとうございました。



札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com