『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 『木のキッチン』、水回りが木で大丈夫なの?

札幌市 O邸 蘇ったキッチン(キッチンのリフォーム)

新築のように見えるこのキッチン、
築20年の家のリフォーム。
こんなに素敵に蘇りました!

手カンナで仕上げられたチェリーの天板。
水回りでも問題ありません。
理由は → こちら

旅する木のキッチンは、
ずっと向こうまで、
綺麗に木目が繋がっています。

このシンクが奥様のこだわり。

生ゴミ入れポケットを付けました。
旅する木のキッチンは、
シンクも全部オーダーで製作。

収納力抜群!

食器洗浄器は、前から使っていたもの。
使えるものは活かしましょう。

調味料入れや、その向こうは
レードル掛け。
便利な機能。

深い引き出しは便利。

背面には、作業台。
キャスターが付いていて、移動できます。

ゴミ箱はここ。

作業台の後ろの壁にはキッチン収納。

一部分、可動棚があると、
背の高いものも入れられるので、便利なんです。

既存の吊り戸棚は、そのまま残したのですが、
「やっぱりこれも作ってもらえば良かった。」と。

昔の写真を撮り忘れました…。。
でも、
昔を知っているご家族と僕は
見違えたこの空間に驚きを隠せません。


キッチン
 樹種   :アメリカンブラックチェリー
 サイズ シンク側 W4500×750×H850
     作業台 W1200×D600×H850
     キッチン収納 W2200×D500×H2400

札幌市 O邸 蘇ったキッチン(キッチンのリフォーム)

 新築のように見えますが、実はキッチンのリフォームなんです。
以前の写真を撮り忘れてしまったのが残念ですが、広々として、それでいて収納力のある、見違えるような
空間になりました。
 4.5メートルものチェリーの天板は、見ていて圧巻です。
しかも、引出しの口板の木目は、ずっと向こうまで繋がっていて、美しさを感じさせてくれます。

 なんせ、キッチンが横に長いので、作業台は多目的に使えるように、キャスターを付けて、
移動出来るようにしています。
これは何かと便利だと思います。

 作業台の後ろには、これまた大きな収納があり、全てを合わせた収納力は、かなりのものだと思います。

 全体が統一された力強さと優しさが両立している気持ちの良い空間になったと思います。


札幌市 O邸 蘇ったキッチン(キッチンのリフォーム)] はこうして生まれました

 札幌にお住まいのOさん(奥様)から、キッチンのリフォームのご相談を受けました。
先ずは工房のキッチンを見て頂き、その際に見取り図を見せてもらい、大雑把なアイデアを考えたのですが、
リフォームの場合、実際に見てみないことには解らないので、約束をして、見に行きました。

 第一印象は、「ものが多いな〜。」でした。
キッチンの全ての壁面に、その都度揃えていった収納があるのですが、どれもいっぱいものが詰め込まれていました。
現状を見ながら、大体のプランをその場で話しながら決めたのですが、
リフォームの良いところは、
現状の良いところ、不満なところ、使い勝手を奥様が熟知しているので、それらを一つ一つ聞いて、
問題を解決していけば、自ずと使いやすいプランになるということです。

ただ、配管やレンジフードなどの関係で、位置関係にある程度制限があり、その中で、いかに便利に使いやすく、
そして、収納力を持たせるか、を考えて決めていきました。

 住みながらリフォームは、キッチンを使えない期間を出来るだけ短くしなければならないので、
工務店とも打ち合わせをし、前日に解体、翌日に取り付け、その日に設備環境を整えて、すぐに使える。
という状態にました。

 着々と取り付けられていくキッチンをご覧になり、奥様は「すごい。見違えりましたね。」と喜んで
ご覧になっていました。
仕事から帰宅されたご主人も、とても喜んで、「素晴らしい。頼んで良かった。」と嬉しい言葉を頂きました。

 写真撮りの時、「これを機に、ものをいっぱい捨てました。」と奥様。
きっと、十分な収納力があるので、残ったものをスッキリと収納出来ると思います。

 Oさんご夫婦、こんな素敵なキッチンを製作させて頂き、本当にありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com