『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

手作りキッチンで、手作り料理は楽しい♪

毎日使うキッチンこそ、自分にぴったり合うものが良いですよね。また、最近は、料理が趣味というご主人や、
ホームパーティーなど、キッチンが
ライフスタイルの象徴になってきています。
だからこそ、既製品のシステムキチンではなく、自分のライフスタイルに合った、
自分だけのキッチンをオーダー
で作りましょう。

オーダーキッチンのメリット
・「こんな機能が欲しかった!」に応じられます。
・大きさ、高さ、水回りの位置など自由自在。
・家具に合わせてコーディネートできます。
・意外と思ったより低価格。
・何より毎日の料理や、後片付けが楽しくなっちゃう。
・お友達を呼んで、お料理をご馳走したくなっちゃう。


 楓のキッチン

写真をクリックしてください。  
 本体   :ハードメープル
 天板   :ステンレス
 サイズ  :W3500×D600×H850
 仕上げ  :ウレタン塗装

[楓のキッチン]はこうして生まれました

二世帯の家のリホームで、キッチンのシンクを母親が使いやすいように作り直したい。という依頼を受け、制作しました。
間取りの関係で、キッチンに日の光が入りにくいので、白木の綺麗な木目のメープルを使うことで、明るく、
清潔感の感じられる空間になるように心がけました。
通常、木製家具というのは、木目を立ち木と同じように縦目で使うのですが、3.5メートルの壁一面のシンクと言うことと、
メープルの柾目の木目があまりに美しかったので、思い切って横目で使い、木目が少しもずれないように丁寧に合わせ込んで
3.5メートル、ずーっと木目がつながるようにし、統一感と、凛とした心地よい緊張感を演出しました。
 天板の素材は、木、人工大理石、ステンレス等、打ち合わせでいろいろ悩んだのですが、3.5メートルを継ぎ目無くとれて、
扱いやすく、長く使えるということでステンレスにしました。
 昔、料理人をしていたというお母様は、「プロのシンクは、水回りと火は、出来るだけ離らかすものなのよ。」ということ
で、方位学的にシンクと、ガスコンロが両端に配置されたこのキッチンを、大変使いやすいと喜んでくれました。
 「まだいろいろこのシンクに合わせてキッチンを改造していく計画なので、お金を貯めて一つ一つお願いしたいと思います。」
と、本当に嬉しいお言葉を頂きました。一つ一つ良い仕事をし、ちょっとづつ、素晴らしい、気持ちの良い空間にしていきたいと
思います。ありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com