『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。

オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます。


 gracious-sofa 2P

綺麗なフォルム

後ろ姿も美しいですね。旅する木の家具の特徴です。

留(45°の合わせ)には補強とデザインを兼ねた雇いザネ。

本体はチェリー、雇いザネはメープル(白い木)、
チェリー色灼けするので、時間の経過と共に、
雇いザネが目立ってくる仕掛け。

アームは、弓の様な美しい曲線。

旅する木が製作した証

【gracious】優雅で、上品で、慈悲深いという意味。
そんな名が相応しいソファです。

2Pですが、お父さんとお子さん3人が座れます。
新しいソファに座って、とても嬉しそう!


樹種   :写真のものは、チェリーの2P(他の樹種でも製作致します)
サイズ  :3Pのサイズ W 2100×D800×H750
      2Pのサイズ W 1500×D800×H750
      1Pのサイズ W 900×D800×H750
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :3P 本革   430,000円(税別)
      3P 合皮/布 330,000円(税別)
      2P 本革   340,000円(税別)
      2P 合皮/布 260,000円(税別)
      1P 本革   240,000円(税別)
      1P 合皮・布 180,000円(税別)


gracious-sofa

サイドの木部の枠を45°の部材で組む、”留め”という手法で組んでいます。
”留め”はデザインがスッキリしているのですが、強度的に不安があります。それを補強する意味で、
”雇いザネ”を差し込んでいます。”雇いザネ”に異なる樹種を使う事で、補強とデザインの両方の意味を持たせます。
旅する木の家具にはよく用いられる手法です。
ソファの場合、瞬間的に強い加重が加わる事があるので、”留めの切断面の見えない部分にさらに強度を増すような
加工を施しています。

技術的な話しうんぬん抜きに、単純にデザインとして、【gracious】つまり、優雅で、上品で、慈悲深いという言葉が
相応しい、何とも眺めていて心地の良いソファです。
もちろん、座り心地も【gracious】です。


[gracious-sofa 2P]はこうして生まれました。

始めての出会いはちゃぶ台の修理でした。
そして、次にリビングテーブルを製作させて頂きました。新篠津にお住まいのSさん。
まだ札幌に工房があった時。かれこれ5年ほど前。

その時製作したのが、

お子様達の前にあるリビングテーブル。

そのテーブルの脚は”留め”で組んだもの。

今回製作させて頂いた『gracious sofa』は、このリビングテーブルにデザインを合わせたもの。

5年前に製作したチェリーのリビングテーブルはすっかり日焼けし、飴色の、とっても良い色になっていました。
今回のソファも同じチェリーで製作しました。
まだ新入りのソファは、薄いピンク。新人らしい爽やかでフレッシュな感じです。
数年の時を経て、先輩のリビングテーブルに負けない濃い飴色に焼けてくるはずです。

家具はそのようにして、その環境に馴染み、そこになくてはならない存在になっていくんですね。
そんな事を感じさせてくれたSさんのお家でした。

そうそう、納品の日程を決めるためお電話した時、
「とても楽しみです。ジャンケンで家族の誰が一番最初に座るか決めます。」

とおっしゃっていたのに、待ちきれなくて納品前にご主人が工房へ。
そして真っ先に座って「良いですね〜。」と、フライング(上の写真)。

それほど楽しみにして下さってくれていたんですね。ありがとうございます。

いつもメールの最後に
「新篠津村 旅する木のファン S」と書いて下さんですね。
旅する木ファン歴、最長のSさん、本当にありがとうございます。
いつまでもファンでいてもらえるよう、これからも心を込めて、良い作品を作っていこうと思います。


[嬉しいメールを頂きました!]

前略、素敵なソファをつくっていただき、感謝です。ありがとうございました。
先ほど喧嘩していた子どもたちも仲良くソファの座り心地を楽しんでおります。
(小生が座る暇がありません。妻が帰宅後、子どもたちが眠ってから夫婦で座り心地を楽しむことにします。

須田さんの作ってくれたソファのおかげで家族が集う機会が増えそうです。
(長女は中学校に入ってから子ども部屋にこもることが多くなっていました)

安価な家具はいくらでもありますが、何に価値を求めるか人それぞれですが、
自分は世界にまだ一つだけのソファをつくっていただいて幸せです。
(何せsakuranozatakuとセットで応接コーナーになりましたから)

ありがとうございました。草々

                           新篠津村 旅する木のファン S


Sさん、ありがとうございます。
ご家族みんなが喜んでくれている姿が目に浮かびます。

一度家具を製作させて頂いたお客様が、その後ずっと、応援してくれていることが、
何より心の支えになります。
またいつでも工房に遊びに来て下さい。お待ちしております。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com