『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。

オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます。


 すみれ (cafe)  家具全〜部、旅する木で製作しました♪

すみれ  札幌市北区北18条西5丁目2-38 

内装は、たまに一緒にお仕事をする、北の木設計さん
素敵な内装ですね。
そして、家具は全部、旅する木!!

先ず入ってすぐ左の窓側のカウンターはこれ!
旅する木の東裏小学校に生えていたハルニレの木。

倒されて、チップにされる寸前のハルニレ。
こんな風に素敵なカフェのカウンターになって、きっと喜んでいるね〜♪
その時の物語りは → こちら (ハルニレ
の最後の叫び)

大きな”ちぎり”
こんなの見たこと無い(笑)。
な〜んでだ?
答えは下の方。

センターの家具は可愛いビーンズテーブル。
椅子は501チェアー。
樹種は珍しいクリ。

優しくて癒される形。

カウンターはビシッと四角で決めてます。

オーナーのKさんは、とっても柔らかくて優しい人ですよ〜♪

のんびりとくつろげます。

はいはい。
なんでこんな大きなちぎりを埋め込んだかって?

もともと倒さなきゃならないような木だったので、
こんな風にボソボソの部分もあって、
どうしようか、困ってしまった。
そんな時 !!
閃いた♪

あり得ない程大きな”ちぎり”を埋め込んじゃおう!!
オーナーのKさんには事後報告。
そんな作り手の遊びを理解してくれる人なので。

こんなふうに”ちぎり”にピッタリあうように穴を掘って

埋め込みました。
っと、その前にまた遊び心がフツフツと。
そうだ!このでっかい”ちぎり”に、このハルニレの木の物語りを書いちゃおう!

何を書いたかって?

「実はこのハルニレにはあるエピソードがありまして…」
さて何でしょう?
またクイズ?
この答えは、是非『すみれ』に行って、確かめてみて下さいませ〜♪

コンサートなどのイベントもやるんだそう。
その時の椅子も旅する木で製作。

なんとイベント時の椅子には、カフェをやる方なら誰でも、
「こんな椅子あったらいいな〜?」って思うんじゃないかな?
そんな希望に応えた、ビックリチェアー。
こんな可愛い椅子なのに、機能も凄いんです!
詳細は → こちら

素敵なカフェ 『すみれ』
是非行って、癒されて下さいね〜♪


すみれ

 札幌市の北大に近くにオープンしたカフェ、『すみれ』のテンポの家具一式、全てを製作させてもらいました。
 テンポの設計は、北の木・設計さん。実は北の木・設計さんのご自宅のキッチンは、旅する木で製作したんです。
相性があうのか、波長が似ているのか、なぜかお客さんが北の木・設計に建築を依頼して、家具を旅する木で、という
方がいて、たまに一緒にお仕事をしています。
確かに相性がスゴく良い。

 この『すみれ』の空間もスゴく素敵。家具との相性もバッチリ。
 オーナーのKさんも優しくてこの空間の雰囲気にピッタリ。
とても癒されるカフェになりました。

 是非、遊びにいって、癒されて下さいね。


[すみれ]の家具はこうして生まれました

 札幌でカフェをやりたいというKさんが、工房に来てくれました。
 なんだかのんびり、ふわ〜んとした感じのKさん、大丈夫かな?なんて心配しつつ、楽しい打ち合わせが始まりました。

 のんびり話すKさんと打ち合わせをしていると、こっちものんびりしてきてしまいます。
でも、ダメダメ。すでに場所を押さえているということで、家賃も発生しているので、のんびりなんてしていられない。
急いで決めることは決めて、作らなきゃ!

 窓側のカウンターは、東裏小学校でたくさんの子供たちを見守ってきたハルニレ。この大事な木は、是非たくさんの人が
触れてくれるカフェとかそういうところに使いたいと、ずっと取っておいたんです。
なので、「よし、すみれで使おう!」と決定。
でも製作を始めると、ボソボソでどうにもこうにも加工しずらい。
そこで思い切って大きな”ちぎり”を埋めて、さらにその”ちぎり”に物語りを彫ってしまおう!!
なんて作り手の大胆な遊びをも、Kさんはのほほ〜んっと受け入れてくれました。

 そんなこんなで、素晴らしい空間に家具を納めると、なんだかここに納まるべくして納まったように
雰囲気がピッタリと合うものですから
不思議です。

 札幌にまた一つ、楽しみな場所が増えました。

 Kさん、ありがとうございました。是非、遊びに行きますね。



札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com