『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

旅する木のお仏壇

最近は、仏間のあるお家が減り、お仏壇も、昔のような大きくて、金ピカのものではなく、リビングに置いても
違和感のない、家具調の仏壇が主流になりつつあります。
さり気ない装飾を施した旅する木のお仏壇は、落ち着きと、高級感と、神聖な趣があります。
大切な人を偲び、祀るお仏壇だからこそ、細かなご注文にお応えし、丁寧に、精一杯の心を込めて製作しております。


 [お仏壇-セン]

お客さんの家の庭に立っていた、センの木で製作
オール無垢材で製作。

もちろん、天板も背板も無垢板。

無垢板の味わいを出すため、表面に一切の装飾をつけませんでした。

扉を開けると、一転、様々なシンプルな装飾を施しています。

お供え物を置く、引き出せる棚

ロウソクやお線香をしまう引き出し。

引き出しや台輪の雇いざねもポイントに。

共に育ったのセンの木が、お仏壇として生まれ変わって、
また一緒にいられることは、ご先祖様も、センの木も喜んでいますね。

樹種   :セン
サイズ  :W500×D450×H600
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :300,000円(税別)

その他のお仏壇

写真をクリックして下さい。


[お仏壇-セン]

 お客様の家の庭に立っていた、センの木を使って、製作しました。
 天板、側板、扉、背板、引き出し、何もかもすべてセンの無垢板を使っているので、表面には一切の装飾をせず、
木質感を目一杯だしました。家具を製作する上では、欠点とされる節や、ちぢみなどが、味わいとして、そして
いかにも、”庭に立っていた木”という風合いを出しています。
 扉を開けると、やり過ぎない程良い装飾を施し、仏壇らしい、格式高さ、品格が感じられます。
 派手さはないけれど、思い出と、想いがいっぱい詰まったお仏壇です。



[お仏壇-セン]はこうして生まれました。

 フラリと、工房に来られたお客様をショールームに案内すると、「仏壇とかって作られますか?」と。
僕は仏壇をデザイン、製作するのは好きなんです。何となく神聖な気持ちになれるので。
さらに、「木は庭に立っていたセンの木があって、製材して何年も乾燥させていたものを使って欲しい。」
とのこと。こういう仕事を僕はよくやらせてもらっているので、問題ありまあせん。

 ショールームの作品、今まで製作したお仏壇の写真を見てもらうと、”フラリと立ち寄った”という感じだったのに、
製作を依頼されました。

 お仏壇は東京にお住まいの母親に送るということで、今は東京に住んでいるけど、共に育ったのセンの木が、
お仏壇として生まれ変わって、また一緒にいられることは、ご先祖様も、センの木も喜んでいますね。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com