『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

旅する木のお仏壇

最近は、仏間のあるお家が減り、お仏壇も、昔のような大きくて、金ピカのものではなく、リビングに置いても
違和感のない、家具調の仏壇が主流になりつつあります。
さり気ない装飾を施した旅する木のお仏壇は、落ち着きと、高級感と、神聖な趣があります。
大切な人を偲び、祀るお仏壇だからこそ、細かなご注文にお応えし、丁寧に、精一杯の心を込めて製作しております。


 [お仏壇-S]

大きなウォールナットのお仏壇を製作。

品格の高さと、神聖な雰囲気を感じられるようなデザインを心がけました。

扉に旅する木らしいポイント。
本体はウォールナットで、扉の取っ手の部分をメープルに。
そして、『ありがとう』入りの象嵌のライン。
旅する木らしい、高度なテクニックのポイント。

いろんな所にiro色のライン。

照明画しのところにも。

お供え物を置く、引き出せる棚

引出し2杯

内部にはお位牌の他、額を入れるので、
装飾をつけず、シンプルに。

額もお位牌も製作しました。

樹種   :ウォールナット
サイズ  :W800×D530×H140
仕上げ  :旅する木オリジナル塗装
参考価格 :570,000円(税別)

[お仏壇-S]

 旅する木のお仏壇は、そこにあるだけで、凛とした品格と、格式高さを感じさせてくれます。
このお仏壇は、今まで製作させて頂いたお仏壇の中でも、旅する木らしさをいっぱい盛り込んだ
お仏壇です。
お客様の亡くなられた方への精一杯の思いを旅する木のデザインと技術に乗せて、製作、完成しました。



[お仏壇-S]はこうして生まれました。

お仏壇のご相談でお電話を頂きました。
札幌市内にお住まいということで、工房に来て下さり、お話しをお聞きました。

お仏壇ということは、大切な人が亡くなられたと言うことなのですが、
Sさんは奥様が亡くなられて、数ヶ月経つのですが、ようやく心の整理がついてきて、
お仏壇に納めようと考え始めて、いろいろ探している中で、旅する木と出会ったということでした。

僕と話しをしている中で、旅する木の思いや、もの作りの姿勢に共感して下さり、
信頼して、Sさんにとって、とっても大切なお仏壇の製作をさせてもらうことになりました。
そして、ここそこに旅する木らしさを散りばめたお仏壇が完成しました。

納品時、
「こんな素晴らしい仏壇納まって、妻も喜んでいると思います。」
という最高の褒め言葉を頂きました。

自分の身に置き換えると、とても身が詰まる思いになる出来事を乗り越えて、
一歩踏み出そうとしているSさんの、ほんの些細なことなのだけれど、お役にたてたことが、
ほっとしたと同時に、旅する木のもの作りの原点に立ち返った気がしました。

Sさん、本当にありがとうございました。


【嬉しいメールを頂きました】

お世話になっております。
先日は納品ありがとうございました。

納品されてから1週間程経ちましたが、
自分の予想を超えた出来上がりの素晴らしさに毎日感動しております。
自分が死ぬまでは妻の遺骨も身近に置いておきたいという希望を
叶えるために、妻が落ち着ける場所を作ってあげる事が出来て
やっと少しホッとできました。

とても大きく立派な仏壇ですが、女性らしい柔らかさも持っていて
何とも品のある素敵な雰囲気がとても気に入っております。

私が今回こうして仏壇製作を依頼する事になったのも何かの縁だと思っております。
これからもお世話になることもあると思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com