『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

旅する木のお仏壇

最近は、仏間のあるお家が減り、お仏壇も、昔のような大きくて、金ピカのものではなく、リビングに置いても
違和感のない、家具調の仏壇が主流になりつつあります。
さり気ない装飾を施した旅する木のお仏壇は、落ち着きと、高級感と、神聖な趣があります。
大切な人を偲び、祀るお仏壇だからこそ、細かなご注文にお応えし、丁寧に、精一杯の心を込めて製作しております。


 [お仏壇-O]


引き出せる引き出し

下段は収納棚

樹種   :ウォールナット
サイズ  :W1600×D3000×H550
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :250,000円(税別)


[お仏壇-O]

かなりシンプルでスッキリとしたデザインのお仏壇。サイズも小さめですが、お供えものがたくさんある時、引き出せる棚、
頻繁に使う必要なものを入れられる引き出しなど、必要なものはちゃんと付いています。
下段は収納になっています。
いつも言っているのですが、このようなシンプルなものほど、木目がちゃんと合っているか、引き出しと本体の隙間が均一か、
糸面が綺麗に取れているか、など、やるべき事をどれだけ丁寧にやっているかの差がはっきり現れるのです。
自分でも惚れ惚れする仕上がりになっています。



[お仏壇-O]はこうして生まれました。

 昨年、紀伊國屋で行った個展でお会いした奥様からお電話を頂き、お仏壇のご相談を受けました。
星野道夫ファンということで、個展の時、星野さんの話しをしたので、印象に残っていました。
 ご主人が亡くなられ、心の整理がなかなか出来ないでいた中、お仏壇を考えた時、『旅する木』を思い出して下さった事は、
僕にとっては、とても栄誉なことで、精一杯良い仕事をして、少しでも心を癒す事が出来れば、という思いで仕事をしました。

 何回も当別の工房へ足を運んで下さり、打ち合わせをしたのですが、僕の作品からは、旭川から美瑛を通り、富良野へ向かう、
ご夫婦がよくドライブした道を感じられるという話しを伺い、嬉しくなりました。僕が旭川で修行していた頃、毎週末のように
妻の実家の富良野へ行っていたので、このフラワーロードは、目をつむっても運転出来るくらい通い慣れた道でした。

 お仏壇は、お客様にとって特別な、もっとも大事なものなので、製作中、心地よいプレッシャーと、心が律せられるのを感じ
ながら、気持ちよく作業をしていました。このような機会を与えて下さり、感謝しております。ありがとうございました。


嬉しいメールを頂きましたので、一部抜粋させて頂きます。

****************************************

須田修司 さま

今日はありがとうございました。
おかげさまで落ち着いた心でお盆を迎えられます。
初めてお会いした紀伊國屋書店での個展、懐かしく思い出します。

”人生とは何かを計画している時、起きてしまう別の出来事のこと”
星野さんの友人、シリア・ハンターの言葉でした。
まだ心の整理は出来ずにいますが、このお仏壇を眺めていると、なにかしら穏やかな風に包まれる気がします。

須田さんに作っていただいたお仏壇と、共に今日から暮らせることを幸せに思います。
心から、ありがとうございました。

****************************************

僕の方こそ、感謝しております。ありがとうございました。また工房へ遊びにいらして下さい。お待ちしております。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com