『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

旅する木のお仏壇

最近は、仏間のあるお家が減り、お仏壇も、昔のような大きくて、金ピカのものではなく、リビングに置いても
違和感のない、家具調の仏壇が主流になりつつあります。
さり気ない装飾を施した旅する木のお仏壇は、落ち着きと、高級感と、神聖な趣があります。
大切な人を偲び、祀るお仏壇だからこそ、細かなご注文にお応えし、丁寧に、精一杯の心を込めて製作しております。


 [お仏壇-I]

ウォールナットのお仏壇を製作。

品格の高さと、神聖な雰囲気を感じられるようなデザインを心がけました。

さり気ない装飾が品があって良いですね。

旅する木の特徴の、iro色ライン。

天板の面材の留め、面取り、扉の四方に回した3ミリ面、
端部まで端整に仕事をしています。

僕はこのお仏壇の特徴は、この台輪にあると思っています。

扉は折り戸になっているので、
サイドに場所を取りません。
お仏壇は内部も表面なので、
すべてウォールナットで仕上げてあります。

照明を隠す前板。
シンプルでさり気ない装飾が良いですね。

カーブになっている棚板。
そして内部の装飾。

お供え物を置く為の引き出せる棚板。

ロウソクやお線香をしまう引き出し。

間接照明のLEDが仕込まれています。

明るいので解りにくいのですが、
照明をつけるとこんな感じに、装飾が映し出されます。

下台もセットで製作。

40ミリを越すウォールナットの無垢の厚板。

両サイドは引き出しで収納力たっぷり。

お供え物が多い時、ここに乗せられるように御膳になっています。

御膳の部分はトレイになっていて、持ち運びに便利!

本当に端部まで気を配ってます。

端部を手を抜かず、端整に仕上げているからこそ、
全体の雰囲気が引き締まって、品格の高さが感じられるのです。

樹種   :ウォールナット
サイズ  :仏壇本体 W600×D430×H950
      下台   W1500×D480×H350
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :630,000円(税別)


[お仏壇-I]

 お仏壇は床の間がある家だったら良いのですが、そうでない場合、置く場所に困ります。
今回はお仏壇を置く下台も含め、製作しました。

 建築の雰囲気に合わせて、ウォールナットでシックに、一目でお仏壇だと解るように、品格があって、神聖な
雰囲気を感じられるよう、デザインを心がけました。もちろん、デザインだけに偏ることなく、引き出せる棚、照明、
お供え物を置くトレイなど、機能も充実しています。

 なかなかお仏壇を製作する家具屋さんはないのですが、旅する木は毎年一台くらい、製作させてもらいます。
旅する木らしさがちりばめられた、厳正で、品のあるお仏壇です。
 



[お仏壇-I]はこうして生まれました。

 お世話になっている札幌の設計事務所(フーム空間計画)の代表の宮島さんが旅する木に遊びに来た際、ちょうど
お仏壇[セン]を製作していました。宮島さんが「へ〜。須田さん、仏壇作れるんだ。」と感心して写真を撮って行きました。

 ちょうどタイミングよく、フームで設計したお家に暮らすお客様 Iさんが宮島さんに、「なかなか気に入った仏壇がないのですが、
どうしましょう?」と相談を持ちかけたようで、旅する木を紹介してくれました。

 旅する木のお客様で何人か、フームで設計した家に暮らしている方がいて、僕もその家の雰囲気が好きだったので、
「フームの家に合う仏壇を提案をしよう!」と気合いを入れて Iさん宅を伺いました。
提案したデザインをIさんご夫婦も気に入って下さり、ご注文を頂きました。

 一昨年もたまたまそうだったのですが、この仏壇も年末年始をまたいで、製作させて頂きました。一年の感謝と新しい
年の始まりという新たな気持ちになる時期に、仏壇を製作していると、なんだか気持ちがすごく落ち着くというか、神聖な
気持ちになり、「今年も良い年になりそうだぞ〜。」と思えてきます。

 納品の時、 Iさんの奥様の他、フームの宮島さんや、従業員の方々も来て下さり、組み立てられて行く仏壇を
「オ〜」とか、「ホ〜」とか、感嘆の声を上げながらご覧になっていました。
完成すると、みなさんで写真を撮りまくり。Iさんも、紹介して下さった宮島さんも喜んでくれました。

 Iさんは、僕と宮島さんにお礼を、僕はIさんと宮島さんにお礼を、宮島さんは僕にそれぞれお礼を言い合いました。
こんな風に、お客様、建築家、製作者が、それぞれにお礼を言い合える様な関係で仕事が出来たことを、とても嬉しく
「いいなぁ。よかったなぁ。」と感じました。

 Iさん、そして宮島さん、この度は本当にありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com