『旅する木』のもう一つの新ブランド

化学物質を使わない家具作り

旅する木のカフェ

田園風景のど真ん中、
可愛くて、懐かしい小学校が工房です。
 工房の写真集

旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 

旅する木のお仏壇

最近は、仏間のあるお家が減り、お仏壇も、昔のような大きくて、金ピカのものではなく、リビングに置いても
違和感のない、家具調の仏壇が主流になりつつあります。
さり気ない装飾を施した旅する木のお仏壇は、落ち着きと、高級感と、神聖な趣があります。
大切な人を偲び、祀るお仏壇だからこそ、細かなご注文にお応えし、丁寧に、精一杯の心を込めて製作しております。


 [お仏壇-A]

すっかり旅する木の特徴となった、色iroな樹種の埋め込み(象嵌)ライン

これもすっかり旅する木の特徴の仕口組工法

下段には、引き出しが2パイ。

スペースの都合で、扉は折り畳み式。

もちろん、開いている時、象嵌のラインが見えます。

たくさんのお供え物の時に便利な引き出せる棚。

棚板は、優しい曲線。

内部にも象嵌の装飾を施してあります。

優しくて穏やかなお仏壇。

樹種   :ハードメープル
サイズ  :W450×D450×H600
仕上げ  :亜麻仁油オイルフィニッシュ
参考価格 :250,000円(税別)


[お仏壇-A]

 最近は、住宅事情が変わって来て、キンキラのお仏壇よりも、家具調仏壇が主流になりつつあります。
 お仏壇と家具の違いは何でしょうね。やっぱり家具調ではあるけれど、パッと見、お仏壇だと感じられなきゃいけない
と思います。格調高く、品格があり、威厳が感じられ、それでいて、全てを受け入れてくれるおおらかさがある。
そんなことを意識して、デザイン、製作しました。

 お客様の希望により、お仏壇では珍しく、メープルを使いました。メープルを使って、家具ではなく、ちゃんとお仏壇だと
感じるよう、品格と格式高さを表現するデザインを心がけました。
 このお仏壇を入れる棚のサイズが決まっていたので、それに合わせて、扉を折りたたみに。
 品格と格式高さの中にも、優しさと穏やかさを感じられるお仏壇です。  



[お仏壇-A]はこうして生まれました。

 以前、チェストを製作させて頂いた埼玉県にお住まいの方から、メールでお仏壇のご相談を受けました。
 カフェのオープンの時にも、わざわざ埼玉からお花を贈って下さり、納めたチェストを大事に使ってくれています。
 お仏壇のデザイン、製作を僕はとても好きなので、また喜んで頂けるよう、そして、喜んで下さる姿を想像しながら、
何点かデザインを起こしました。
以前に製作させて頂いたチェストに合うデザインを心がけ、メールでの打ち合わせを重ね、決定しました。
 製作が、ちょうど、年末と年始にまたがったため、とても神聖な気持ちで、年末年始を迎える事が出来ました。

 遠方でありながら、『旅する木』の事を気にかけ、家具を大事に使って下さり、再びこのような機会を下さるという
ことは、満足してくれている証で、僕にとっては、これ以上無く嬉しい事です。

 お孫さんと、お知り合いのお孫さんの出産祝いのプレゼントに乳歯入れを選んで下さり、それがご縁で、今、
そのお知り合いの方と家具の打ち合わせを進めています。

 このように、ご縁をつないで下さっている事に心から感謝します。そして、それを裏切らない努力と心を込めた
家具作りをこれからもずっとしていこうと、改めて思いました。
 この度は本当にありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒061-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com