『家具工房旅する木』は豊かな「暮らし」、「心」、「時間」をご提案、ご提供します。


旅する木の mono
ご注文について
楽しい 木工体験教室
家具について
旅する木について
今日の旅する木
 
「ここにこんなものあったらいいなぁ。」にお答えします。
オーダーということは、何でも作れる。ということです。この”何でも”が実は厄介で、”何でも”という選択肢が
あり過ぎて、”これ!”というものが決められない。そんな方が多いのです。
そんな方はお気軽にお問い合わせを。生活を、心をを豊かにするため、どういうものを、どういう風に、こういうデザインで、
をご提案させて頂きます。


クネクネーベンチ

クネクネのベンチを作りました。

背もたれもRに合わせてクネクネ。

なんでこんなにクネクネなのかと言いますと…。。

ビーンズテーブルに曲線をピッタリ合わせているから。

見事なクネクネっぷり。

お父さん、お母さんはチェアーに、
子供たちはクネクネベンチに。

ナラのビーンズテーブルもいいねぇ。

フリーハンドの綺麗な曲線。

愛嬌があって、可愛くて、
とっても気になるクネクネベンチです。

樹種  :ナラ
サイズ :L1500×D300×H520、SH420
仕上げ :旅する木オリジナル塗装
参考価格:220,000円(税込み)

写真をクリックして下さい


クネクネーベンチ

旅する木の家具の中でも、とっても可愛くて人気のある『可愛い背もたれのR(あ〜る)ベンチ』の、
なんと、クネクネバージョン。
なぜクネクネかと言うと、ビーンズテーブルの内側のカーブにピッタリ合わせているから。
もちろん、背もたれの棒もクネクネ。
この背もたれの加工だけでも相当大変。
様々な向きに刺さっている脚の穴開けの加工も、基準がないから、とっても大変なんです。

それでも完成した姿を見てみると、愛嬌があって、可愛くて、苦労しがいがあります。
このクネクネ、とっても気になります。



『クネクネーベンチ』はこうして生まれました。

 北海道に移住して来て、家を建てており、その新築の家で使うダイニングセットをご検討されている、
厚真町にお住まいのKさんご夫婦が工房に来て下さいました。
 すでにHPをご覧になっていて、
可愛い背もたれのR(あ〜るベンチ)をとても気に入っていました。
テーブルはカフェのビーンズテーブルを見て、「これだ!」という感じで決めて、次にベンチの相談。

 最初、ビーンズテーブルの外側のRに合わせた、ベンチの話しを進めていたのですが、
ご提案している最中、Kさんご夫婦があまりに旅する木の家具を褒めて下さるので、ついつい気分が良くなり、
自分でも思いがけない提案をしてしまいました。

 『可愛い背もたれのR(あ〜る)ベンチ』だって、製作はかなり困難なのに、お客さんの驚く顔を見たくて、
ついつい困難で、随分面倒くさいと解っていながら、
「旅する木は、オーダーなので、何でも思い通りのものを製作出来ます。ビーンズテーブルの内側のRに
合わせた、『可愛い背もたれのR(あ〜る)ベンチ』だって作れますよ。」っと。
Kさんご夫婦が、この提案を聞き逃すわけがありませんでした。

 というわけで、ビーンズテーブルと、その内側のRにピッタリ合った、クネクネベンチを製作することに。
加工を進めていくと、どんどん基準が無くなるので、角度を出すのをとっても苦労しましたが、
それでも何とか、完成し、ドキドキしながらすでに完成しているビーンズテーブルと合わせて見ると、
ピッタリと一致。
その愛嬌と可愛らしさにしばらく見とれてしまいました。

 納品はちょうどGWの先日だったので、社員みんなで旅行がてら行ってきました。
 GWにオープンハウスを行うということで、ちょうどその前に納められて良かったです。
オープンハウスで家を見に来たお客様からも、とても好評だったと聞きました。

 旅する木は全てオーダーで家具を製作しているので、このような難しいけど、面白い家具を提案しても、
それを欲しいと思って下さるお客様がいなかったら、生まれないのです。
このクネクネベンチはきっと、旅する木の伝説のベンチになることでしょう。
このような楽しい家具を製作させて頂いたKさんご夫婦には、感謝いたします。
 本当にありがとうございました。


札幌のすぐ隣の田舎町、田園風景ど真ん中の小学校
〒062-0213 
北海道石狩郡当別町東裏2796-1 旧東裏小学校
Tel 0133-25-5555 / Fax 0133-25-5557
E-mail kagu@tabisuruki.com